小田 嶽夫(おだ たけお、1900年7月5日 - 1979年6月2日) は、日本の小説家。本名は、小田武夫。

小田嶽夫
1947年

人物編集

新潟県高田市(現・上越市)竪春日町出身。実家は呉服商。高田中学(現新潟県立高田高等学校)時代は短歌野球に熱中。東京外国語学校(現東京外国語大学支那語学科を卒業後、外務省亜細亜局入省。当時の局長は芳澤謙吉(後の外務大臣)。外務書記として中国杭州領事館などに勤務。 1926年蔵原伸二郎の紹介で同人誌『葡萄園』に参加。のちに『文藝都市』にも寄稿する。

1930年に外務省を退職して文筆で身を立てることを決め、1931年に田畑修一郎らと同人誌「群鶏」(後に「麒麟」と改題)を創刊。当初はなかなか小説が評価されず生活が困窮し、春陽堂書店中国文学翻訳や「支那語雑誌」の編集で糊口を凌ぐ。1936年に「城外」(『文學生活』創刊号、1936年6月)で第3回芥川賞受賞。それまでは文壇でもほぼ無名だったが、これをきっかけに生活が安定する。太平洋戦争中はビルマに従軍。戦後も旺盛な執筆活動を続け、1975年に『郁達夫伝』で第3回平林たい子文学賞受賞。78歳没。

ほとんどの作品が中国に眼を向けたもので、代表作の「城外」もその一つである。日中戦争で中国への関心が高まり始めると中国通として注目されるようになった。「高陽草子」のように、郷土(高田)への思いをこめた文章が多く書かれた作品もある。『真実の行方』は松川事件に取材したものである。

日本における魯迅の紹介者という役割もあり、『魯迅伝』を著している。太宰治とは交友関係にあり、小田の助力によって太宰は『魯迅伝』『大魯迅全集』『東亜文化圏』などを入手し『惜別』(朝日新聞社、1945年9月)執筆の材料とした[1]

脚注編集

  1. ^ 『太宰治全集 第7巻』筑摩書房、1990年6月27日、426頁、431頁。解題(山内祥史)より。