小田急グループ

小田急電鉄傘下の企業集団

小田急グループ(おだきゅうグループ)は、小田急電鉄を中心とする企業グループ。小田急電鉄傘下の神奈川中央交通東証1部)や箱根登山鉄道江ノ島電鉄小田急百貨店小田急不動産などを包括する[1]。グループ会社数100社(2017年8月1日時点)。売上高は5266億7500万円(2019年3月期)。

小田急グループ
日本の企業グループ
ロゴ
中核企業 小田急電鉄株式会社
創業者とされる人物 利光鶴松安藤楢六
グループ代表 星野晃司

主なグループ会社・法人編集

運輸編集

鉄道編集

バス編集

小田急グループでは2017年3月末現在で路線バス車両を3,377台保有している[2]

タクシー編集

  • 小田急交通 - 都内全域、神奈川県東部
  • 神奈川中央交通
    • 神奈中タクシー - 横浜、湘南・県央・相模原、南多摩
    • 湘南相中
    • 海老名相中
    • 厚木相中
  • 小田急バス
    • 新立川交通 - 立川・拝島・国分寺市域並びに多摩地区
    • 川崎交通産業 - 川崎市北部・横浜市北部
  • 伊豆急東海タクシー - 熱海・沼津・中伊豆を除く伊豆全域(東海自動車が伊豆急ホールディングスと共同経営)
  • 小田急箱根ホールディングス
    • 箱根登山ハイヤー - 小田原・湯河原・箱根・足柄上郡・熱海・御殿場

観光編集

その他運輸編集

  • 小田急箱根ホールディングス - 箱根関連企業の持ち株会社
  • 東海自動車
  • 小田急交通
    • 小田急オートサービス

流通編集

小田急商事は2018年3月時点で、小田急各駅内にある駅売店88店、コンビニエンスストア13店、スーパーマーケット26店を展開している[3][4] 。小田急電鉄と小田急商事は2018年3月8日にセブン&アイ・ホールディングスとの業務提携についての基本合意を発表しており、駅売店・コンビニエンスストアのセブン-イレブンへの転換やセブン&アイが展開するプライベートブランドをスーパーマーケットに導入するための検討などを進める計画である[4]

不動産編集

その他編集

ホテル編集

企画・設計・運営編集

  • UDS - 訪日外国人観光客向け事業者の支援施設「インバウンドリーグ」(新宿)運営[5]、ホテル運営[6]など
    • 沖縄UDS
    • 誉都思建筑咨询(北京)有限公司
    • 誉都思酒店管理(北京)有限公司
    • 韓国UDS

レストラン編集

旅行編集

ゴルフ編集

鉄道メンテナンス編集

自動車整備編集

ビル管理編集

  • 小田急ビルサービス
    • コンフィット
  • 小田急箱根ホールディングス
    • 箱根登山トータルサービス - ホテルとざんコンフォート(小田原・大雄山)。清掃や警備、マンション管理なども請け負う[7]
  • 神奈川中央交通
  • 東海自動車
  • ウェルハーツ小田急 - 特例子会社
  • オリエントサービス

情報・媒体編集

経理受託編集

  • 小田急フィナンシャルセンター
  • 神奈川中央交通
    • 神奈中アカウンティングサービス

人材派遣編集

  • 小田急百貨店
    • 小田急プラネット
  • ヒューマニック

保険編集

  • 小田急保険サービス

車両等資材調達編集

運営する商業施設・オフィスビル編集

廃止された主な事業等編集

  • 伸縮型のメニューとして掲載。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

番組提供編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集