メインメニューを開く

小田急ジュノー(おだきゅうジュノー)は、神奈川県横浜市を本拠地に活動していた、小田急グループの女子バレーボールチームである。

小田急ジュノー
原語表記 小田急ジュノー
ホームタウン 神奈川県横浜市
クラブカラー 水色
創設年 1986年
廃部年 1999年
チーム所在地 東京都新宿区
体育館所在地 神奈川県横浜市
 表示 

目次

歴史編集

1986年小田急電鉄を中核とした小田急グループは新たなイメージ戦略として女子バレーボールチームを設立した。新しいチームは1984年ロサンゼルスオリンピック全日本女子で銅メダルを獲得し、現役を退いて結婚していた丸山由美(旧姓:江上)を監督として招き、急速な強化を図った。丸山は翌年の1987年に現役へ復帰し、1988年ソウルオリンピックでは小田急所属選手として全日本に参加して4位となった。丸山は1989年に現役を引退したが、小田急は1990年に第24回日本リーグへ昇格し、1992年バルセロナオリンピックにはセッター高橋有紀子を全日本の一員として送った。1993年、最後となった第27回の日本リーグでは扇城高等学校(現在の東九州龍谷高等学校)から加わった森山淳子が新人賞を獲得した。

小田急は1994年に発足したバレーボールのトップリーグ、「Vリーグ」の創立メンバーとなったが、他の強豪チームと比較するとジュノーの成績は振るわず、1996年には入替戦でJTマーヴェラスに敗れ、2部にあたる日本実業団リーグへ降格した。1997年、入替戦で日立ベルフィーユを破って第4回Vリーグには復帰したが、エースの熊前知加子が全日本に選ばれた一方でチーム成績が低迷すると、1998年から翌年にかけての第5回Vリーグ開幕前に同シーズン限りでのチームの休部が発表された[1]。結局、このVリーグでは18戦全敗、特に2LEGではセットすら取ることが出来ないほどであった。

こうして、小田急は13年間の歴史に幕を下ろした。チーム一体となった移籍は実現せず、所属選手はそれぞれ別のVリーグやV1リーグ(実業団リーグを改組したリーグ)のチームなどへ移籍した。この際に小田急を離れた若手選手の菅山かおる大沼綾子は、後に全日本入りを果たした。

現在、小田急はジュノーの後継にあたる強化型のチームは所有していないが、丸山を主任講師にした「小田急バレーボールクリニック」を開講し、小田急線沿線の東京都世田谷区などで活動している。

成績編集

主な成績編集

日本リーグ/Vリーグ
  • 優勝なし
  • 準優勝なし
実業団リーグ
  • 優勝1回 - 1989年度
  • 準優勝1回 - 1996年度
黒鷲旗
  • 優勝なし
  • 準優勝1回 - 1993年

年度別成績編集

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第20回 (1988/89) 3位 8チーム 14 7 7 0.500
第21回 (1989/90) 優勝 8チーム 14 13 1 0.929
日本リーグ 第24回 (1990/91) 5位 8チーム 14 6 8 0.429
第25回 (1991/92) 5位 8チーム 14 5 9 0.357
第26回 (1992/93) 6位 8チーム 14 6 8 0.429
第27回 (1993/94) 5位 8チーム 14 7 7 0.500
Vリーグ 第1回 (1994/95) 6位 8チーム 21 10 11 0.476
第2回 (1995/96) 7位 8チーム 21 5 16 0.238
実業団リーグ 第28回 (1996/97) 準優勝 8チーム 14 12 2 0.857
Vリーグ 第4回 (1997/98) 8位 8チーム 21 2 19 0.095
第5回 (1998/99) 10位 10チーム 18 0 18 0.000

休部年度の選手・スタッフ編集

1998年12月23日版[2]

選手編集

背番号 名前 年齢 国籍 Position 備考
1 東川愛子 23   日本 センター 主将
2 木村由紀子 24   日本 レフト
3 小幡倫子 23   日本 ライト/リベロ
4 山下直子 23   日本 センター
5 永山佳奈 23   日本 セッター
6 内田屋志乃 22   日本 セッター
7 谷口雅美 22   日本 レフト
8 坪根淳子 20   日本 セッター
9 小栗幸恵 20   日本 レフト
10 菅山かおる 19   日本 ライト
11 上野八知代 19   日本 センター
12 大沼綾子 19   日本 センター
13 藤好理沙 19   日本 レフト
14 佐藤佳代子 19   日本 ライト
15 大島陽子 19   日本 センター

スタッフ編集

役職 名前 国籍 備考
部長 岩本洋   日本
副部長 竹内浩   日本
監督 丸山貴也   日本
コーチ 福原俊祐   日本
コーチ 高橋淳   日本
トレーナー 寺薗淑江   日本
トレーナー 野村亜樹   日本
トレーナー 米井美幸   日本
マネージャー 渡邉あづみ   日本
マネージャー 山川真理子   日本
広報担当 新倉啓介   日本

主な所属経験選手編集

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ 休部の理由として、公共的使命と地域社会への貢献を優先するためと説明している。
  2. ^ 月刊バレーボール1999年2月号臨時増刊 第5回Vリーグ観戦ガイドブック 92-93ページ

関連項目編集

外部リンク編集