メインメニューを開く

小田 省吾(おだ しょうご、1871年5月2日 - 1953年12月12日)は、日本の歴史学者。専門は朝鮮史

目次

経歴編集

三重県鳥羽市出身。1887年神宮皇學館に入学したがすぐに退学して上京し、国民英学会東京英語学校で学ぶ。

1899年東京帝国大学文科大学史学科を卒業した後、長野県師範学校教師、徳島県師範学校校長、奈良県立畝傍中学校校長、第一高等学校教授を歴任。

1908年大韓帝国政府に招聘され教育制度改革に従事。日韓併合後の1918年には、朝鮮総督府中枢院編纂課長として朝鮮史の編纂にあたり、1923年には朝鮮史学会を創立した。その後1924年に京城帝国大学が設立されると教授として赴任した。1925年朝鮮史編修会委員となる。

1932年京城帝国大学教授を定年退職し、1953年に郷里・鳥羽市にて83歳で死去。

栄典編集

著作編集

  • 『朝鮮史要略朝鮮と山東』(1915年)
  • 『朝鮮史大系』(朝鮮史学会、1931年)
  • 『朝鮮小史』(魯庵記念財団、1931年)
  • 『朝鮮陶磁史文献考』(学芸書院、1936年)
  • 『辛未洪景来乱の研究』(小田先生頌壽記念會、1934年)
  • 『徳寿宮史』(1938年)

脚注編集

  1. ^ 『官報』第3858号「叙任及辞令」1925年7月3日。

関連項目編集