メインメニューを開く
小畑大太郎

小畑 大太郎(おばた だいたろう、明治6年(1873年5月22日[1] - 昭和21年(1946年8月9日)は、日本の銀行家政治家貴族院議員男爵正三位勲三等公正会所属。弟は陸軍飛行第五連隊長(立川飛行場長)の小畑厳三郎、陸軍三羽烏小畑敏四郎

経歴編集

男爵・小畑美稲の子として東京都に生まれる。1894年(明治27年)に慶應義塾大学を卒業し、1900年(明治33年)に欧米に留学。1903年(明治36年)にニューヨーク大学商科卒業。第十五銀行書記を務めた後、同行副支配人となり、農村経済更生中央委員会委員となる。

1912年(大正元年)12月20日、父の死去に伴い男爵を襲爵[2]1916年(大正5年)9月、貴族院男爵議員に選出され、死去するまで在任した。1922年(大正11年)に第8回パリ万国議員商事会議に出席し、1946年(昭和21年)に永年在職議員として表彰された。

次女秀子は指揮者齋藤秀雄の二度目の妻である。

脚注編集

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.399
  2. ^ 『官報』第119号、大正元年12月21日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。



日本の爵位
先代:
小畑美稲
男爵
小畑(美稲)家第2代
1912年 - 1946年
次代:
小畑年太郎