小石川養生所

小石川養生所(こいしかわようじょうしょ)は、江戸時代幕府江戸に設置した無料の医療施設。将軍徳川吉宗江戸町奉行大岡忠相の主導した享保の改革における下層民対策のひとつ。幕末まで140年あまり貧民救済施設として機能した。

目次

享保改革の下層民対策と養生所計画編集

江戸中期には農村からの人口流入により江戸の都市人口は増加し、没落した困窮者は都市下層民を形成していた。享保の改革では、江戸の防火整備や風俗取締と並んで下層民対策も主眼となっていた。享保7年(1722年)正月21日には麹町(現東京都新宿区小石川伝通院(または三郎兵衛店)の町医師である小川笙船(赤ひげ先生として知られる)が、将軍への訴願を目的に設置された目安箱に貧民対策を投書する。笙船は翌月に評定所へ呼び出され、吉宗は忠相に養生所設立の検討を命じた。

設立計画書によれば、建築費は金210両と12匁、経常費は金289両と銀12匁1分8厘。人員は与力2名、同心10名、中間8名が配された。与力は入出病人の改めや総賄入用費の吟味を行い、同心のうち年寄同心は賄所総取締や諸物受払の吟味を行い、平同心は部屋の見回りや薬膳の立ち会い、錠前預かりなどを行った。中間は朝夕の病人食や看病、洗濯や門番などの雑用を担当し、女性患者は女性の中間が担当した。

養生所の開設と変遷編集

 
小石川養生所の井戸

養生所は享保7年(1722年)12月21日に小石川薬園(現在の小石川植物園)内に開設された。建物は柿葺長屋で薬膳所が2カ所に設置されていた。収容人数は40名で、医師ははじめ本道(内科)のみで小川ら7名が担当した。はじめは町奉行所の配下で、寄合医師小普請医師などの幕府医師の家柄の者が治療にあたっていたが、天保14年(1843年)からは、町医者に切り替えられた。これらの町医者のなかには、養生所勤務の年功により幕府医師に取り立てられるものもあった。

当初は薬草の効能を試験することが密かな目的であるとする風評が立ち、また無宿者と同等の扱いを受けるのを嫌われ利用が滞った。そのため、翌、享保8年2月には入院の基準を緩和し、身寄りのない貧人だけでなく看病人があっても貧民であれば収容されることとし、10月には行倒人や寺社奉行支配地の貧民も収容した。また、同年7月には町名主に養生所の見学を行い風評の払拭に務めたため入院患者は増加し、以後は定数や医師の増員を随時行っている。

幕末になると、蘭方医が台頭し「医学所」と「医学館」が対立し、漢方医の権威が低下するとともに養生所の質は低下する。

明治維新により一旦は廃止されたものの医学館の管轄に移り「貧病院」と改称して存続したが、新政府の漢方医廃止の方針によって間もなく閉鎖されている。薬園とともに養生所施設は、1870年に文部省の管轄に移行され、1877年東京帝国大学に払い下げられ、最終的には理学部に組み込まれている。

2012年(平成24年)9月19日に、「小石川植物園(御薬園跡及び養生所跡)」として国の名勝および史跡に指定された[1]

現在、小石川植物園(正式名称は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」)内に、当時養生所で使われていた井戸が保存されており、関東大震災の際には被災者の飲料水として大いに役立ったという[2]

入所患者治療表編集

年間の入所者数の概要は下表のようであった。

年度 全快 難治 病死 願下
(自主退所)
掟背・他
(強制退所)
合計
享保11年 134 82 12 22 0 250
明和6年 141 30 14 68 3 256
天明7年 155 35 20 86 7 303
文政4年 88 0 54 42 1 186
天保3年 87 0 64 40 6 196
天保4年 66 0 46 36 13 161
安政6年 25 0 10 7 6 48
享保7年(1722年)
-安政6年(1859年)
16,502 4,250 3,515 7,183 832 32,282

(出典)安藤優一郎 (著)、『江戸の養生所』 (PHP新書)(2005) ISBN 978-4569641591

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年(平成24年)9月19日文部科学省告示第146号「名勝及び史跡に指定する件」
  2. ^ http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/ennai/ido.html

参考文献編集

  • 大石学「下層民対策と小石川養生所」『大岡忠相』(吉川弘文館、2006)

関連項目編集

座標: 北緯35度43分11.3秒 東経139度44分40.5秒 / 北緯35.719806度 東経139.744583度 / 35.719806; 139.744583