メインメニューを開く

小礼(しょうらい)は、604年[1]から648年まで日本にあった冠位である。冠位十二階の第6で、大礼の下、大信の上にあたる。

目次

概要編集

推古天皇11年12月5日(604年1月11日)に制定され、大化3年(647年)制定の七色十三階冠制により、翌大化4年(648年)4月1日に廃止になった[2]。13階のどこに引き継がれたかについては2説が対立する。一つは大礼とともに13階中第9階の大青にまとめられたとするもの[3]。もう一つは、13階中第11階の大黒に、大礼・大信小信とともにまとめられたというものである[4]

小礼の人物編集

今に残る史料のうち、小礼とされるのは鞍作福利一人である。鞍作福利は2度遣隋使の通事(通訳)を務めた[5]。『日本書紀』に冠位は記されないが、信頼度で劣る『先代旧事本紀』に小礼とある[6]

脚注編集

  1. ^ 推古天皇11年はおよそ603年にあたるが、西暦(ユリウス暦)とのずれのため、604年になる。
  2. ^ それぞれ『日本書紀』巻第22の推古天皇11年12月壬申(5日)条と、巻第25の大化3年是歳条、大化4年4月辛亥朔(1日)条。
  3. ^ 黛弘道『律令国家成立史の研究』の301頁と365頁。
  4. ^ 武光誠『日本古代国家と律令制』3頁。増田美子『古代服飾の研究』120頁。
  5. ^ 『日本書紀』巻第22、推古天皇14年7月庚戌(3日)条など。
  6. ^ 黛弘道『律令国家成立史の研究』304-305頁

参考文献編集

関連項目編集