メインメニューを開く

小禄 朝奇(おろく ちょうき、1676年11月9日康煕15年10月4日) - 1721年5月3日(康煕60年4月8日))は、琉球王国王族第二尚氏王統・第11代尚貞王の三男で、具志頭御殿の元祖。正式には小禄王子朝奇。

唐名は尚綱、童名は思樽金。母は真壁按司加那志(号・慈恩)。1705年から1712年まで、尚貞王、尚敬王摂政を務めた。朝奇の次男・朝孝は大宜見御殿の養子となり、三男・真壁按司朝盈は尚貞王継妃・真壁按司加那志の養子となり、真壁御殿を興した。1721年死去、1738年に末吉の墓(現在の宜野湾御殿の墓)に移葬された。

脚注編集


参考文献編集

  • 那覇市市民文化部歴史博物館編『氏集 首里那覇』第五版 那覇市市民文化部歴史博物館 2008年
  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707

関連項目編集

外部リンク編集