小福田 晧文(こふくだ てるふみ、1909年(明治42年)2月 - 1995年(平成7年)7月29日)は日本の海軍軍人航空自衛官である。海軍兵学校第59期)卒。最終階級は海軍で海軍中佐、自衛隊で空将。旧名は小福田 租(こふくだ みつぎ)。

小福田 租
小福田 晧文
生誕 1909年2月
日本の旗 日本 岡山県 津山市
死没 1995年7月29日
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg保安隊
Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1931 - 1945(日本海軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1967(空自)
最終階級 OF-4 - Kaigun Chusa.gif 海軍中佐(日本海軍)
JASDF Lieutenant General insignia (a).svg 空将(空自)
除隊後 日本無線取締役営業部長
ペルテック取締役工場長
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1909年(明治42年)2月、岡山県津山に生まれる。1928年(昭和3年)4月、江田島海軍兵学校第59期に入校。1931年(昭和6年)11月、海軍兵学校卒業。1933年(昭和8年)11月、第24期飛行学生を卒業。1934年(昭和9年)、大村海軍航空隊で戦闘機課程を受ける。周囲の勧めもあり、結婚を考えて海軍省に結婚願いを提出し、晩秋に「結婚認可書」を受けとるも、すぐに「戦地に転勤を命ず」という辞令がきたので、婚約を解消した[1]

1935年(昭和10年)12月、空母加賀」飛行隊に配属。1936年(昭和11年)、大湊海軍航空隊に配属。1937年(昭和12年)12月、空母龍驤」飛行隊に配属。1938年(昭和13年)6月、第十二航空隊に配属。同年12月、大分海軍航空隊に配属。1940年(昭和15年)11月、海軍航空技術廠飛行実験部に配属。1942年(昭和17年)7月、第六航空隊(のち第204海軍航空隊)に配属。1943年(昭和18年)4月6日、横須賀海軍航空隊に配属。4月15日、厚木海軍航空隊に配属。6月、海軍航空技術廠飛行実験部に配属。烈風の研究と開発に参与。零戦、銀河を使って反跳爆撃の実験に従事している[2]

1945年(昭和20年)8月15日、終戦を三沢基地(三沢飛行隊)で迎える。

戦後は、1952年(昭和27年)7月、警察予備隊に入隊し、1954年(昭和29年)7月、航空自衛隊の発足とともに転官。1960年(昭和35年)9月、第1航空団司令。1962年(昭和37年)4月、航空幕僚監部人事教育部長。1963年(昭和38年)3月、飛行教育集団司令官。1965年(昭和40年)7月、中部航空方面隊司令官。1967年(昭和42年)3月31日、航空自衛隊退官。1995年(平成7年)7月29日、逝去(享年86)。

年譜編集

著書編集

  • 『指揮官空戦記 ある零戦隊長のリポート』(光人社NF文庫、2004年新装版) ISBN 4-7698-2044-5
  • 『零戦開発物語 日本海軍戦闘機全機種の生涯』(光人社NF文庫、2003年新装版) ISBN 4-7698-2112-3
  • 『ニッポンの選択 防衛か降伏か 平和と自由と繁栄のための私的スタディ』(光人社、1981年) ISBN 4-7698-0162-9

演じた俳優編集

脚注編集

  1. ^ 小福田晧文『指揮官空戦記 ある零戦隊長のリポート』光人社NF文庫140頁
  2. ^ 小福田晧文『指揮官空戦記』光人社NF文庫340頁
  3. ^ 昭和12年12月1日 海軍辞令公報 号外 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  4. ^ 昭和12年12月1日 海軍辞令公報 号外 第99号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072800 
  5. ^ 昭和13年6月7日 海軍辞令公報(部内限)号外 第192号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 
  6. ^ 昭和13年6月25日 海軍辞令公報(部内限)号外 第201号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 
  7. ^ 昭和13年12月15日 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  8. ^ 昭和14年11月15日 海軍辞令公報(部内限)第402号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076800 
  9. ^ 昭和15年11月1日 海軍辞令公報(部内限)第550号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079300 
  10. ^ 昭和17年7月25日 海軍辞令公報(部内限)第906号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086400 
  11. ^ 昭和17年11月1日 海軍辞令公報(部内限)第974号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087700 
  12. ^ 昭和18年3月1日 海軍辞令公報(部内限)第1062号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089900 
  13. ^ 昭和18年4月15日 海軍辞令公報(部内限)第1094号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090600 
  14. ^ 昭和18年6月25日 海軍辞令公報(部内限)第1158号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091700 
  15. ^ 昭和19年3月29日 海軍辞令公報(部内限)第1395号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096900 
  16. ^ 昭和19年7月23日 海軍辞令公報(部内限)甲 第1543号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100100 
  17. ^ 昭和19年8月9日 海軍辞令公報(部内限)甲 第1558号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100500 
  18. ^ 昭和20年9月11日 海軍辞令公報 甲 第1908号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072107300 
  19. ^ 『官報』本紙第7717号(昭和27年9月26日)

関連文献編集

  • 小福田晧文『指揮官空戦記 ある零戦隊長のリポート』光人社NF文庫
  • 吉田俊雄『指揮官たちの太平洋戦争』光人社NF文庫

関連項目編集