小笠原 嘉(おがさわら ただし、1955年6月21日[1] - )は、青森県八戸市出身の元競輪選手[2][3]1976年モントリオールオリンピック代表。日本競輪選手会青森支部に所属していた。新山将史(98期)、新山響平(107期)の伯父。

来歴編集

八戸電波工業高校(現・八戸工業大学第一高校)卒。

日本大学文理学部[4]在籍中だった1976年モントリオールオリンピック男子4000m団体追抜競走に同郷である小笠原義明岡堀勉と組んで出場した。記録は4'37"03で14位(予選敗退)[2][5]

その後、日本競輪学校第44期生を経て、1979年10月27日函館競輪場でデビューし5着。初勝利は同年同月28日の同場。

2002年8月13日選手登録削除。通算戦績1892戦186勝[6]

2021年6月11日、1年延期となっていた2020年東京オリンピック聖火リレーで聖火ランナーに選ばれ、地元の八戸市を走った[7]

脚注編集

  1. ^ 小笠原嘉 Profile: Olympics at Sports-Reference.com[リンク切れ]Archived 2020年4月17日, at the Wayback Machine.(英語)
  2. ^ a b モントリオールオリンピック(1976年)青森県関係出場選手一覧”. 青森県. 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ 八戸88ストーリーズ|自転車の街、八戸”. 八戸ポータルミュージアムはっち. 八戸市. 2021年7月10日閲覧。
  4. ^ 日本大学文理学部出身のアスリートたち”. 2011年1月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月3日閲覧。
  5. ^ JOC - オリンピック日本代表選手団 記録検索”. 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年7月10日閲覧。
  6. ^ 選手通算戦績 Archived 2012年7月11日, at Archive.is - KEIRIN.JP
  7. ^ 日本放送協会. “小笠原 嘉さん | 聖火ランナー | 東京2020オリンピック聖火リレー | NHK”. sports.nhk.or.jp. 2021年7月10日閲覧。

外部リンク編集