小笠原宗長

鎌倉時代後期の武将。従五位下、信濃守、治部大輔、右馬助(または左馬助)。小笠原氏6代。子に宗隆。

小笠原 宗長(おがさわら むねなが)は、鎌倉時代後期の武将

 
小笠原 宗長
時代 鎌倉時代後期 - 末期
生誕 文永9年12月6日1273年1月3日[1]
死没 元徳2年9月6日1330年10月26日[1]
別名 豊松丸(幼名)、孫次郎(通称)、順長(号)[2][1]
官位 従五位下、信濃守、治部大輔、右馬助(または左馬助)[2][1]
幕府 鎌倉幕府
主君 北条貞時
父母 父:小笠原長氏、母:伴野長房
兄弟 宗長、泰氏、矢田長綱、丸毛兼頼、山中政宗、常葉光宗、赤沢長興、津毛経氏
中原経行[2][1]赤沢政常[3]
貞宗貞長、宗隆、娘(武田氏信室)
テンプレートを表示

来歴編集

信濃国松尾に生まれる。弘安7年(1284年)1月11日に元服[1]永仁4年(1296年)8月18日、父・長氏より小笠原流の紛方の伝授を受けた。徳治2年(1307年)の「円覚寺毎月四日大斎番文」の四番に「小笠原孫次郎」が見え、『尊卑分脈』などから宗長のこととされている。元亨3年(1323年)2月15日に出家。元徳2年(1330年)9月6日、59歳で死去[2]

参考文献編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 「小笠原系図」(『系図綜覧』(国書刊行会、1925年)p.315)
  2. ^ a b c d 寛政重修諸家譜 巻第百八十七』
  3. ^ 小笠原貞宗 - 朝日日本歴史人物事典