小笠原忠基

豊前小倉藩3代藩主。小笠原家宗家4代。従五位下・織部正、遠江守、従四位下・侍従、左近将監。小笠原忠雄の長男。府中小笠原氏22代。

小笠原 忠基(おがさわら ただもと)は、豊前国小倉藩の第3代藩主小笠原家宗家4代。

 
小笠原忠基
Ogasawara Tadamoto.jpg
小笠原忠基像
時代 江戸時代中期
生誕 天和2年7月4日1682年8月6日
死没 宝暦2年2月5日1752年3月20日
改名 豊松丸(幼名)、清貞(初名)、清遥、忠基
戒名 洪済寺殿良巌際仁
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下織部正遠江守従四位下侍従左近将監
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
豊前小倉藩
氏族 府中小笠原氏
父母 小笠原忠雄浅野光晟の娘・久姫
兄弟 義姫、清姫、福姫、染姫、忠基
稲葉清彪貞通長新、須免姫
正室浅野綱長の娘・
側室:常、松室氏、井手氏
忠貞長吉長逵久吉長良忠総長周、利代姫、幾姫、幸姫、多賀姫
養子永姫
テンプレートを表示

生涯編集

天和2年(1682年)7月4日、第2代藩主・小笠原忠雄の長男として江戸屋敷で生まれる。元禄4年(1691年)、清貞と名乗る。元禄9年(1696年)から父と二元政治を行ない、従五位下、織部正に叙任された。元禄10年(1697年)に遠江守に転任する。元禄11年(1698年)、清貞から清遥と改名する。享保10年(1725年)、父の死去により跡を継いだ。

藩政においては文治を奨励し、享保の大飢饉で4万人の死者を出し盗賊などが蔓延ったために治安回復に努める一方で、享保13年(1728年)に被差別部落に対する部落差別的な法令を制定するなどしている。寛保元年(1741年)に忠基と改名する。

宝暦2年(1752年)2月5日に死去した。享年71。

嫡男の忠貞は寛保元年(1741年)に早世していたため、六男の忠総が跡を継いだ。

系譜編集

脚注編集