メインメニューを開く

小笠原 恭子(おがさわら きょうこ、1936年 - 2018年11月17日[1])は、芸能史研究家、作家、武蔵大学名誉教授。筆名は小笠原 京(きょう)。

略歴編集

  • 1936年 東京市本郷区(現・東京都文京区)生まれ。
  • 1957年 お茶の水女子大学文教育学部文学科国文学専攻卒業。
  • 1964年 國學院大學大学院日本文学専攻博士課程修了。同大学助手。
  • 1966年 成蹊大学文学部日本文学科助手。
  • 1967年 同大学講師。
  • 19○○年 同大学助教授。
  • 1974年 武蔵大学人文学部日本文化学科助教授。
  • 1974年 『かぶきの誕生』で河竹賞を受賞。
  • 19○○年 武蔵大学教授。
  • 2007年 同大学定年退職、名誉教授。

小笠原京の名では、時代小説、上演台本なども発表している。

著書編集

  • かぶきの誕生 明治書院 1972
  • 芸能の視座 日本芸能の発想 桜楓社 1984
  • 出雲のおくに その時代と芸能 中公新書 1984
  • 都市と劇場 中近世の鎮魂・遊楽・権力 平凡社選書 1992
  • 瑠璃菊の女 旗本絵師描留め帳 小笠原京 福武書店 1994 のち文庫
  • 旗本絵師藤村新三郎 小笠原京 講談社 1995
  • 寒桜の恋 旗本絵師描留め帳 小笠原京 福武書店 1995 のち小学館文庫
  • 蛍火の怪 旗本絵師描留め帳 小笠原京 小学館文庫 1999
  • 小春日の雪女 旗本絵師描留め帳 小笠原京 小学館文庫 2000
  • 見返り仏の女 小笠原京 新人物往来社 2000
  • 未完の芸能 そうよう 2001
  • 落梧の非情 旗本絵師描留め帳 小笠原京 小学館文庫 2002
  • 修羅坂の雪 旗本絵師描留め帳 小笠原京 小学館文庫 2002
  • 阿国かぶき前後 岩田書院 2006
  • 爛漫の時代 浮世又兵衛物語 小笠原京 新人物往来社 2007

編纂など編集

  • 歌舞伎の世界 美と悪の劇空間 有精堂出版 1988(日本文学研究資料新集)
  • 歌舞伎名作集 現代語訳 河出文庫 2008

脚注編集