小笠原村ケーブルテレビ

小笠原村ケーブルテレビ(おがさわらむらケーブルテレビ)は、東京都小笠原村にある村営のケーブルテレビ局である。

目次

概要編集

小笠原村では、従前から村も関与した組合によるケーブルテレビが存在したものの、2011年7月24日完了のテレビ完全デジタル化に際し、村内のテレビ受信をどうするかが大きな問題となった。

1984年NHKが衛星放送を開始、90年代には通信衛星を利用した“地元”東京都の地上波局の再送信も行われるようになったが、デジタル化によってこれらも廃局となる。そこで通信の高度化も兼ね、村が光ファイバー網を整備したうえで、これを都が整備した八丈町にある、在京7局・8チャンネル(NHK2、民放6)共同運営の八丈中継局との海底光ケーブルと繋ぎ、テレビジョン放送の信号を重ねることによって、有線網でケーブルテレビ及びインターネット接続を行うこととしたのが、この事業である。2010年1月31日に国から設置が許可され、2011年5月に試験放送を始め、7月1日から正式運用となった。またそれまで通信衛星に依っていたネット回線も、光ファイバーに切り替えられた。[1]

これらにより、小笠原村で地上波テレビを視聴する際には、デジタル中継局が設置されないため加入する必要がある[2]。また組合については解散され、村営ケーブルテレビ事業に引き継がれた。なお総務省によると、いわゆる「デジ・アナ変換」のサービスも実施している。[3]

所在地編集

  • 東京都小笠原村父島字西町

サービスエリア編集

東京都小笠原村のうち父島及び母島

主な放送チャンネル編集

基本的に、NHKと無料で視聴できる民放に限り、NHK受信料以外の視聴料が必要な局は再送信の対象とならない。また、ラジオ局の再送信も行われていない。

地上波テレビ局編集

デジタル 物理チャンネル 放送局
D011 40ch NHK東京総合
D021 38ch NHKEテレ東京
D041 30ch 日本テレビ
D051 37ch テレビ朝日
D061 32ch TBSテレビ
D071 39ch テレビ東京
D081 34ch フジテレビ
D091 41ch TOKYO MX
D111 43ch 小笠原村自主放送チャンネル
  • 小笠原村自主放送チャンネル以外は八丈島にある八丈中継局の電波を島内の受信点で受信し、海底光ケーブルで配信される。同一周波数パススルー方式で配信されるため、送信される物理チャンネルも八丈中継局と同じチャンネルであり、自主放送チャンネルを含めて市販の地上デジタル放送対応チューナーなどで受信できる。
  • 区域外再放送は一切行われていない。

衛星波テレビ局編集

代表ch番号 局名
BS101 NHK BS1
BS103 NHK BSプレミアム
BS141 BS日テレ
BS151 BS朝日
BS161 BS-TBS
BS171 BSジャパン
BS181 BSフジ
BS211 BS11デジタル
BS222 TwellV
  • 有料放送を視聴する場合は個別にBS・110度CSパラボラアンテナが必要となる[4]
  • 無料放送が行なわれている放送大学学園Dlifeは対象外で、同時期以降に開局したその他有料放送も対象外(上記のとおり個別にBS・110度CSパラボラアンテナが必要)。

料金編集

テレビは2011年7月、ネットは同年8月以降。

テレビ[4]
一律1,500円(世帯・事業所単位)
元CATV組合員には割引の経過措置有り。
インターネット[1]
  • 事業所 9,000円
  • 一般 4,000円

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集