メインメニューを開く

小笠原 茂連(おがさわら しげつら、1840年天保11年) - 1868年10月8日慶応4年8月23日))は、江戸時代後期の土佐藩武士迅衝隊第三番隊長。通称は謙吉(けんきち)。

目次

来歴編集

1840年天保11年)、土佐藩上士馬廻格・250石)小笠原弥八郎の二男として高知城下(現高知県高知市江ノ口)に生まれる。小笠原唯八の実弟。

平素より尊皇の志高く、1868年慶応4年)、戊辰戦争に際しては官軍土佐藩の主力部隊である迅衝隊の第三番隊長に任ぜられ従軍する。

甲州勝沼の戦いなどを初め各地を転戦し功名を挙げる。

1868年慶応4年)8月23日、賊魁の潜む会津城攻撃に際し、敵弾を受けて兄・小笠原唯八らと共に討死。享年29。

墓は会津の東明寺(現 福島県会津若松市)にある。

みたまは高知縣護國神社靖国神社に奉祀されている。

家族編集

関連項目編集

参考文献編集