小節(しょうせつ、: small clause)とは、屈折要素コピュラを欠くにも関わらず主語述語の対を成し、命題を構成する統語単位である[1]:431-432 [2]。その構造分析では、小節が構成素を成すか否かについて理論ごとの意見の相違があり、通言語的な観点からも様々な相反する経験的証拠が存在する。また、小節という文法単位は、目的語への繰り上げ英語版例外的格付与英語版不定詞付き対格英語版[注 1]コントロールなどとも関連がある。

定義編集

命題編集

はじめに、言語学 (より厳密には形式意味論) において命題 (: proposition) とは、真理値 (: truth value) を返り値にもつ意味単位をいう[4]:495。命題は主語述語のペアにより構成され、統語論の観点からは (=CP) を成す統語単位が意味論上の命題単位に相当する[5][6][7][注 2]

よって、下記の例における角括弧内のそれぞれが命題単位である。

(
a.  [CP Mary runs fast]. [注 3]
(
b.  [CP John thinks [CP that Mary runs fast]].

例として、(a) の文は、現実世界においてメアリーの足が速ければ真となり、遅ければ偽となる。この文は自動詞 runMary を主語に取っていることからも分かるように、主語と述語から成る文法単位であることも重要である。

小節編集

(1) の例における命題単位は、その全てにおいて動詞屈折を左右する要素 (三単現の -s不定詞マーカーの to など) を含む。よって、命題を「屈折辞または時制辞を含む文法単位」と定義することも可能である (ただし、実際は「主語と述語のペアから成り、真理値を持つ文法単位」という定義が正しい)。

一方で、これらの要素を含まないにも関わらず、命題を成す文法単位があることが Williams (1975)[9]により指摘され、これは小節 (: small clause) と呼ばれる。小節の典型例として、以下の動詞に後続する [NP XP] の構造がある。

  • considerwant などの目的語繰り上げ(: raising-to-object)動詞またはECM動詞[注 4]
  • callname などの、目的語NPと述語表現を選択する動詞
  • wipepound などの、結果述語との共起が可能な動詞
(
a.  Susan considers [Sam a dope].
(
b.  We want [you sober].
(
a.  Jim called [me a liar].
(
b.  They named [him Pedro].
(
a.  Fred wiped [the table clean].
(
b.  Larry pounded [the nail flat].

上記の例において、下線部は主語要素を、斜体部は述語要素を表している。これら全てにおいて、「NPがXPの性質を持つ」または「主語=述語」の関係が成立し、これは命題の定義である「主語と述語のペア」と遜色ない。また、主語に対応する述語が非動詞述語であることも重要であり、これを踏まえると、小節を「屈折辞を欠き、叙述関係を構築する主語と非動詞述語のペア」と定義することも可能である。

このように、小節は「動詞を含まないが命題を成す文法単位」と定義されることが多い[10]:107 [11]:109 [12]:85。一方、動詞句内主語仮説[13][14][15][16]が提唱された1980年代以降はこの定義が曖昧になり、以下のような「動詞を含むが屈折辞を含まず、命題を成す文法単位」も小節と見做されることがある[17]:109–111

(
a.  We saw [Fred leave].
(
b.  Did you hear [them arrive]?

よって、現行の統語論では、小節は「屈折辞を欠く命題単位」と定義されることが多い。

なお、以下の例は屈折辞の to を含んでいる点で、上記の例とは異なる[2]

(
a.  I consider [Mary to be smart].
(
b.  I consider [Mary to be my best friend].
(
c.  I consider [Mary to be out of her mind].

これらの扱いは理論により違いがあり、完全節と見做す分析もあれば、この類も小節と見做す分析もある。(後者の立場では、屈折した動詞を含まない命題単位を包括的に小節と見做すことになる。)

派生分析編集

小節の構造研究は、大きく分けて以下の2系統がある。

  • 非構成素分析 (Williams (1975[9], 1980[18], 1983[19]など)
  • 構成素分析 (Stowell (1981)[20], Chomsky (1981)[10]など)

どちらの分析を採用するかは議論によって異なるが、後者の分析は、生成文法理論である統率・束縛理論英語版でも採用されている。実際の研究例は、Chomsky (1986a)[21]、Ouhalla (1994)[11]、Haegeman and Guéron (1999)[17]:108、Culicover and Jackendoff (2005)[22]:47 などを参照のこと。

非構成素分析編集

Williams (1975, 1980, 1983)編集

小節とは、短縮関係節 (: reduced relative) 、付加詞句、および動名詞句に焦点を当てた研究であるWilliams (1975)[9]の用語である[23]:4。Williams式の分析は、叙述 (: predication) 理論に則り、小節主語最大投射外項として扱う (すなわち、小節主語は語彙範疇投射の外側に位置し、構成素を成さないと仮定する)[19]

Williams (1975) は、下記のような例における角括弧部を小節として扱っている。

(
[The man driving the bus] is Norton's best friend. [9]:249
(
[John's evading his taxes] infuriates me. [9]:249

Williams (1980)[18]の分析では、ある2つの構成素が叙述関係を構築するには、C統御の関係が必要であり、この条件が満たされるとき、主語要素と述語要素間に [NPi ... XPi] のように同一指標がふられることで叙述関係が成立する[18]:204-205

(
John loaded the wagon full with hay.
(
John loaded the hay into the wagon green.
(
*John loaded the wagon with hay green.
(
*John loaded the hay into the wagon full.

よって、上記の例文 (c) と (d) が非文となるのは、述語要素が主語要素にC統御されず、叙述関係が構築できないためである。

この叙述理論を小節の分析に拡張すると、Williams (1980)[18]の定義による小節とは:

  • [NP XP] の構造を持ち、時制辞が生起しない。
  • XPは述語範疇である。
  • NPはXPをC統御する。
  • NPとXPは同一指標をもつ。

これらの条件を満たす文法単位である。

ただし、Williams (1983)[19]小節は構成素を成さないと仮定している点に注意が必要であり、これは [NP XP] の構造を棄却するのと遜色ない。この議論において、Williamsは下記のような文を考察している。

(
a.  John seems sick. [19]:287
(
b.  Johni seems [ti sick] [9]:289

Stowell (1981)[20]およびChomsky (1981)[10]の分析では、上記 (a) の文は、主動詞 seem が補部に小節を選択し、主語は繰り上げにより派生される。しかし、この分析は主動詞のスコープ関係を捉えられないという欠点がある。

(
a.  Someone seems sick. [19]:293
(
b.  =There is someone who seems sick. [some > seem] [19]:293
(
c.  ≠There seems to be someone sick. [*seem > some] [19]:293

主語が繰り上げにより派生される場合、some は主動詞との位置関係上、上位でも下位でも解釈が可能であることが予測されるが、この予測に反し、前者の解釈 (すなわち some が主動詞よりも広い作用域英語版を取る解釈のみが許容される)。これは、この種の文の派生に移動は関与しないことを示しており、同時に叙述関係は構成素構造により認可されるのではなく、主語と述語を結びつける特別な文法メカニズムにより保障されることを示唆している。これが正しければ、小節の叙述構造も同様のメカニズムにより保障されることになり、帰結として小節の主語と述語が構成素を成している必要はないということになる。さらなる経験的議論については、Williams (1983)[19]を参照のこと。

移動に基づく証拠編集

上述の通り、Williams式の分析では、小節は構成素を成さない。これを証明するための手段として、移動現象を用いた構成素判別テストがしばしば引用される。

はじめに、自然言語の一般性質として、構成素を成している文法単位 (より厳密には最大投射) は移動が可能であるが、構成素を成していない文法単位 (より厳密には中間投射) は移動できない[24]

(
a.  John praised [NP his [N' wife]].
(
b.  [NP Whose wife]i did John praise ti?
(
c.  *[? Whose]i did John praise [NP ti [N' wife]]?

よって、非構成素分析が正しければ、小節自体は移動ができないが、その内部要素の移動は可能であることが予測され、実際に英語の小節はこの性質を示す。

(
a.  Whati does John consider Bill ti?[24]:68
(
b.  Howi do you want your eggs ti?[24]:68
(
She proved [him guilty].
(
*[Him guilty] she proved. // 話題化
(
*It is [him guilty] that she proved. // it分裂文
(
*What she proved was [him guilty]. // 擬似分裂文
(
*What did she prove? - ??[Him guilty]. // フラグメントアンサー

一方、通言語的な観点から考察を行うと、小節そのものの移動が可能な言語や小節のみで主節を構成できる言語を見つけることができる。よって、これらのデータは非構成素分析後押しする絶対的な証拠ではないことに注意が必要である。(詳細は#通言語間の差異を参照のこと。)

反証議論編集

一方、小節は構成素を成していることを示す経験的証拠も存在し、相反する証拠が複数あることが、小節の構造分析の難しい点である。

主語位置への生起編集

Safir (1983)[25]は、小節が主語位置に生起可能であることを指摘している。

(
  [Workers angry about the pay] is just the sort of situation that the ad campaign was designed to avoid.[25]:732

この例文において、文頭の Workers は複数であるにも関わらず、後続するコピュラが単数の一致形態を持つことが重要である。これは、コピュラが [NP Workers] ではなく [SC Workers angry about the pay] と一致していることを意味すると同時に、構成素を成していることも強く示唆している[25]:732-733。同種の文例を提示している研究として、Haegeman and Guéron (1999:109)[17]やCulicover and Jackendoff (2005:48)[22]なども参照のこと。

等位接続編集

等位接続は、同タイプの構成素間でのみ可能である[26][27]。下記の例のように、小節は等位接続が可能であり、この事実は小節が構成素を成していることを示唆している。

(
a.  He considers [Maria wise] and [Jane talented].
(
b.  She considers [John a tyrant] and [Martin a clown].

一方、等位接続を構成素テストとして用いることができるか否かには研究者間での意見の相違がある。これは、経験的事実として、構成素を成さない文法単位同士を等位接続できる例が存在するためである[28]

(
  Louis gave [a book to Marie yesterday] and [a painting to Barbara the day before].[28]:289

上記の例における to 句は目的語NPではなくVPの付加部であるが、これを含めた等位接続が可能である。このデータを考慮すると、ある文法単位を等位接続できるという事実があっても、関連する等位項同士が構成素を成しているとは限らないということになる。

構成素分析編集

小節が構成素を成すという分析には、大きく分けて以下の3種類がある[29]:163

  • SC分析
  • 述語範疇投射分析
  • 機能範疇投射分析

1つ目の分析は、Xバー理論の定式化中途段階で主流であった理論であり、小節の主語と述語はSC (small clause) という構成素を成すと仮定する。2つ目の述語範疇投射分析はStowell (1981)[20]により提唱された理論であり、Xバー理論に則り、小節主語を述語範疇最大投射内項として扱う (すなわち、小節の主語は語彙範疇投射の内側に位置し、構成素を成すと仮定する)[20]。3つ目の分析は、Bowers (1993[26], 2001[27]) などにより支持されている分析で、叙述関係を保証する独立した機能範疇の存在を仮定し、小節はこの機能範疇の最大投射であると分析する[30]。1つ目の分析方法はXバー理論との互換性がないことから、現行の統語理論では支持するのが難しいため2つ目または3つ目の分析が主流であるが、このうちどちらの分析を採用すべきかについても議論が分かれている。

SC分析編集

Citko (2011a:752)[2]

1つ目の分析方法として、小節の主語と述語は独立した別々の構成素を成し、さらにこれらが構造上の姉妹関係にあると仮定する方法が挙げられる。この場合、画像で示すように、小節は主要部のない外心構造を成し、その内部要素は統語上対照的な関係にあることになり、SCとラベル付けされる[31][32](この分析を採用する場合、ラベル付けは行われないと考える研究者もいる[33])。なお、この分析を採用する場合、Williams (1980)[18]の叙述理論のように、主語と述語を結びつける文法メカニズムが必要となる。

注意点として、この分析方法は「全ての句範疇は主要部をもつ」と仮定するXバー理論[34][35][36][10]との互換性がない。さらに、主語要素と述語要素を結びつける機能的要素は統語上存在しないことになるため、不正確な統語表示を仮定する分析方法であるという批判もありえ、実際に通言語的観点から考察を行うと、ウェールズ語[27]:310ノルウェー語[37]:160、さらに英語[27]などにおける様々な言語において、音形を持つ機能的要素により叙述関係が構築されていると考えられるデータが数多く存在する。一例として、Bowers (2001)[27]は、英語の事例研究において以下のようなデータを提示している (関連する機能的要素は太字で示す)。

(
a.  I regard Fred as insane.
(
b.  I consider Fred as my best friend.

この議論が正しい場合、主語と述語を仲介する音形を持つ要素がなくとも、通言語的に叙述関係は機能範疇により構築されるという分析が可能となる[2] (ただし、上記例文における as は機能範疇ではなく、語彙範疇Pであるという反論分析もある[24])。

述語範疇投射分析編集

Citko (2011a)[2]

2つ目の分析方法として、小節を述語主要部の投射として扱う方法が挙げられ、叙述関係上の主語は述語の最大投射指定部に生起すると仮定する[23]。この分析方法は、Chomsky (1970)[38]の提唱した句構造モデルに基づき、Stowell (1981)[20]とContreras (1987)[39]が発展させたものである。

Stowell (1981)[20]は、主語を指定部に生起するNPと定義し、さらに名詞句を構造上認可するために不可欠なは指定部で認可されると議論した上で、小節の構造を提案している[23]:6。この分析の利点として、NPは非定形節の指定部への投射が可能な一方、なぜこの種の節内に主語として生起できないのかを説明することができる[23]:6

この分析を採用すると、小節は以下の構造を持つことになる。

(
I consider [AP John [A' very stupid]].
(
I expect [PP that sailor [P' off my ship]].
(
I saw [VP John [V' come to the kitchen]].

また、小節が適格な文法単位を構成するためには、その内部要素も主動詞の選択制限に従わなければならない事実を説明できる[40]。例として、以下の例は主動詞 consider の選択特性が小節の内部まで及んでいることを示唆している[41]

(
a.  I consider [Mr. Nyman a genius].
(
b.  *I consider [Mr. Nyman in my shed].

(b) が非文であるのは、 「consider は補部にNPは選択するが、PPは選択しないため」という説明が可能である[41]

一方、この選択制限に関する議論については研究者間で意見の相違があり、例として、小節の述語にPPが使用されていても文法的となる場合がある。

(
a.  I consider [the team in no fit state to play].
(
b.  *I consider [my friends on the roof].[41]:159

また、小節が認可されるか否かには、意味的な要素も関わってくる[40]

(
a.  *The doctor considers [that patient dead tomorrow].
(
b.  Our pilot considers [that island off our route].

なお、通常は非文と見做される用例も、特定の文脈においては容認される場合がある。これは、主動詞と小節の意味的関係性が、文全体の容認度に影響を表すことを示している[41]

(
a.  *I consider [John off my ship].
(
b.  As soon as he sets foot on the gangplank, I'll consider [John off my ship].[42]:33

さらに、主動詞の格付与に関連する経験的事実も、小節の認可には選択制限が関わることの証拠となる。例として、動詞 consider の補部に生起する名詞句は対格表示されなければならず、主格は認可されない[41]

(
a.  I consider [Natasha a visionary].
(
b.  I consider [her a visionary].
(
c.  *I consider [she a visionary].

これは通言語的にも観察することができ、例としてセルビア・クロアチア語では、小節の主語は対格表示され、述語は具格表示される[43]

(
a.  (Ja)  smatram  ga  budalom
I.NOM  consider  him.ACC  a fool.INSTR 
(
b.  *(Ja)  smatram  ga  budala
I.NOM  consider  him.ACC  a fool.ACC 
'I consider him a fool.'

これは、小節の述語も主動詞に選択されることを示している。

一方、この分析方法は、移動現象の分析において理論的問題を生じさせる[1]:432

(
a.  Whati does John consider [AP Bill [A' ti]]?
(
b.  Howi do you want [NP your eggs [N' ti]]?

上記の例は#移動に基づく証拠からの再掲であるが、例示されている通り、中間投射の移動が可能であることを想定しなければならず、これは広く観察可能な経験的事実に反する。

機能範疇投射分析編集

Citko (2011a)[2]

3つ目の分析方法として、Xバー理論の主要部の原理に従い、小節はある機能範疇Fを主要部とするFPであると仮定する方法が挙げられる。この機能範疇はさまざさまラベル付けがされており、Bowers (1993[26], 2001[27]) のPr、Bailyn (1995)[44]Pred、Elide (1999)[37]Agr、Citko (2008)[45]などがある。

小節を機能範疇投射と見做す分析は、異範疇同士の等位接続を説明できるという利点がある[27]。一般的事実として、非等位範疇を等位接続することは不可能である[46]

(
a.  *[AP Boring] and [NP a fool] entered the restaurant.[46]:579
(
b.  *Pat remembered [AP happy] and [CP that it was important to be on time].[46]:584

一方で、これに反する経験的データが存在し、述語同士の等位接続では、等位項の統語範疇が異なっても文法的となる場合がある。

(
a.  Jermaine is [AP boring] and [NP a fool].[46]:579
(
b.  I consider Fred [AP crazy] and [NP a fool].[27]:307

この事実は、小節は機能範疇 (ここではPredとする) を主要部とする構造を持つと考えることにより、同範疇接続として説明することが可能となる[27]

(
a.  Jermainei is [PredP ti [Pred' Pred0 [AP boring]] and [Pred' Pred0 [NP a fool]]].
(
b.  I consider [PredP Fred [Pred' Pred0 [AP crazy]] and [Pred' Pred0 [NP a fool]]].

また、この分析は I regard Fred as my best friend という文に含まれる as の扱いにも帰結を与える。元来前置詞形容詞を補部にとることができないが、この as は語彙範疇Pではなく、機能範疇Predの音声具現であると仮定することにより、前置詞の選択特性の問題を払拭することができる[26]

また、Stowellの述語範疇投射分析で問題となる、中間投射の移動も、最大投射の移動として捉え直すことができる[24]:69

(
a.  Whati does John consider [PredP Bill [Pred' Pred0 [AP ti]]]?
(
b.  Howi do you want [PredP your eggs [Pred' Pred0 [AP ti]]]?

複合分析編集

Basilico (2003)[47]:2は、これら3つの分析を組み合わせると、動詞を含む小節と形容詞を含む小節の主語が統語上異なった振る舞いをみせることを説明できると議論している。

(
a.  The prisoner seems/appears to be intelligent.
(
b.  The prisoner seems/appears intelligent.
(
c.  The prisoner seems/appears to leave every day at noon.
(
d.  *The prisoner seems/appears leave every day at noon.

上記 (a) と (b) の例は、(コピュラの有無を度外視すると) 形容詞句を述部とする小節の例であるが、小節の主語が主節の主語位置へ繰り上がることができる。一方、小節の述語要素が動詞である場合、(c) と (d) の対比に見られるように、to を欠く構造は非文となる。この事実から、幾人かの研究者は、形容詞を述部とする小節と動詞を述部とする小節の主語は、統語上異なる位置を占めると主張している。叙述には、種に固有の恒久的な性質を表すcategorical predicationと、一過的なイベントに関わる事象を表すthetic predicationがあり、形容詞を含む小節は前者を、動詞を含む小節は後者のタイプの叙述である[33]。Basilico (2003)[47]は、この違いに着目した上で、小節はTopicPという範疇であると分析している[2]:752。この分析のもとでは、個体レベル述語英語版を含む形容詞小節は「個体トピック (: individual topic)」から成り、ステージレベル述語英語版を含む動詞小節は「ステージトピック (: stage topic)」から成る。この違いをもって、Basilicoはなぜ動詞小節の主語が繰り上げ派生を持てないのかを説明している[47]:9

通言語間の差異編集

目的語への繰り上げ編集

英語編集

主動詞の補部に生起する小節は、その主語が主節の目的語位置に繰り上がることにより派生されると広く考えられている[48]

(
a.  The DA proved two meni/j [ti guilty] during each otherj’s trials.[48]:279
(
b.  The DA proved no suspecti/j [ti guilty] during hisj trial.[48]:279

上記の例において、期間を表す付加部は主節の要素であり、束縛条件Aにより照応詞は同一節内に先行詞を持つ必要があるため、繰り上げを仮定しなければこの束縛に関する事実を捉えることができない[48]

韓国語編集

韓国語では、目的語への繰り上げは通常の補文内では随意的であるが、小節補文においては義務的である[48][注 5]

(
  존  은  [매리  가/를  미덥  -다  -고]  생각한다. [48]:281 
John  un  Mary  ga/lul  mitep  -ta  -ko  sangkakhanda 
John  NOM  Mary  NOM/ACC  reliable  DEC  COMP  think.PRES.DECL 
'John thinks that Mary is reliable.'
(
  존  은  [매리  *가/를  미덥  -게]  생각한다. [48]:281 
John  un  Mary  *ga/lul  mitep  -gye  sangkakhanda 
John  NOM  Mary  *NOM/ACC  reliable  SC  think.PRES.DECL 
'John thinks Mary reliable.'

2つ目の例において、小節主語の「매리」('Mary') は、対格表示のみが可能で、主格表示は不可能である。これは、表層構造上、この名詞句が主節の要素であることを顕著に示している[48]

範疇制限編集

フランス語編集

フランス語において、小節の述部には様々な範疇が生起できる。

(
a.  Louis  considère  [NP Marie [AP drôle]. [28]:289 
Louis  considers  Marie  funny 
'Louis considers Marie funny.'
(
b.  Marie  voulait  [NP Louis [PP dans son bureau]. [28]:289 
Marie  want.PAST  Louis  in her office 
'Marie wanted Louis in her office.'
(
c.  Louis  voyait  [NP Marie [VP jouer de la cornemuse]. [28]:289 
Louis  see.PAST  Marie  play.INF the bagpipe 
'Louis saw Marie play the bagpipe.'

ただし、[NP VP] の構造に関しては制約が存在し、動詞が原形不定詞であっても、コピュラは生起できない。

(
  *Je  crois  Jean  être  malade. 
believe  Jean  be.INF  sick 
lit. 'I believe Jean be sick.' [23]:7

なお、小節の構造分析における重要な論点の一つとして、構成素を成しているか否かが挙げられることを見たが、一部の研究において構成素分析の証拠として用いられる等位接続に関するデータは、フランス語でも絶対的証拠として用いることはできない。

(
a.  Louis  considère  [Marie  drôle]  et  [Bill  stupide]. [23]:7 
Louis  considers  Marie  funny  and  Bill  stupid 
'Louis considers [Mary funny] and [Bill stupid].'
(
b.  Louis  donné  [un  livre  à  Marie  hier]  et  [une  peinture  à  Barbara  le  jour  d'  avant]. [28] 
Louis  has  give.PAST  book  to  Marie  yesterday  and  painting  to  Barbara  the  day  of  yesterday 
'Louis gave [a book to Mary yesterday] and [a painting to Barbara the day before].'

(b) では、明確な非構成素が等位項となっているため、このデータは等位接続は構成素の判別テストに用いることはできないこと、ならびにどのような統語環境で等位接続が可能であるのかの再考が必要であることを示唆している[28]

リトアニア語編集

リトアニア語の小節は、[NP NP] または [NP AP] の形式をとる[49]。なお、この言語において、PPは根本的に述語として使用できない[49]:16

(
a.  Wilsonas  paskelbė  [Kaganą  bajoru]. [49]:90 
Wilson.NOM  proclaimed  Cagan  nobleman 
'Wilson proclaimed Cagan a nobleman.'
(
b.  Aukščiausias  teismas  pripažino  [kad  protestas  pagrįstas]. [49]:114 
Supreme  Court.NOM  proclaimed  that  protest.NOM  wellformed 
'The Supreme Court declared that the protest (was) well-founded.'

また、英語とは異なり、リトアニア語では話題化により小節を文頭に移動することができる。これは、小節が構成素を成していることを示唆するだけでなく、英語において同種の移動ができない事実は、必ずしも構成素分析の反証にならないことを示している。

(
  [Ją  nesubrendusia  mergiote]  jis  laiko. [49]:117 
Her.ACC  immature  brat  he.NOM  considers 
lit. '[Her an immature brat] he considers.'

なお、小節の主語のみを文頭に移動することはできない。この事実も、リトアニア語における小節は構成素を成していることを示唆している。

(
  *Ją  jis  laiko  nesubrendusia  mergiote. [49]:118 
Her.ACC  he.NOM  considers  immature  brat 
lit. 'Her he considers an immature brat.'

中国語編集

(標準) 中国語における小節は、屈折辞および動詞を欠くだけでなく、機能的要素も現れない[50]。この理由は、中国語において述語として機能できる名詞は、名詞としての範疇素性だけでなく、動詞としての範疇素性も持ち合わせているためである[50]

以下 (a) の例は動詞の補部に小節が生起する例であるが、(b) のように、この小節が単体で主節として機能することはできない[50]。一方で、 (c) のように動詞の範疇素性を持つ名詞が用いられる場合は、小節単体でも文を構成することができる[50]。この事実から、中国語において、どのような統語単位が「小節」として機能できるかには厳しい制約があることが分かり、その判別法には議論の余地がまだ多く残っている。

(
a.  我  当  他  学生。 
Wǒ  dāng  tā  xuéshēng 
consider  him  student 
'I consider him a student.'
(
b.  *他  学生。 
tā  xuéshēng 
he  student 
'He is a student.'
(
c.  他  台湾-人。 
tā  taiwan-rén 
He  Taiwan-ese 
'He is Taiwanese.'

また、補部に小節を持つ場合のみ、それを選択する動詞に特殊な意味合いが生じることがある。

(
  张三  有  他  哥哥  高。 
Zhāngsān  yŏu  tā  gēgē  gāo 
Zhangsan  have  his  older brother  tall 
'Zhangsan is (at least) as tall as his older brother.'

上記の用例では所有動詞「有」('have') が補部に小節を選択しており、主語と目的語の程度比較の意味機能をもつ[51]。この例において「有」は身長の高さの程度を制限する機能を果たしているが、このような用法が確認できるのは補部に小節を選択する場合のみである[51]

構成素の順序編集

ブラジルポルトガル語編集

ブラジルポルトガル語には、自由小節 (: free small clause) と依存小節 (: dependent small clause) という2種類の小節があり、後者は英語における小節に類似し [NP XP] の形で用いられる[52]:94, 95。また、主語と述語の倒置が可能であり、依存小節は通常語順と倒置語順の両方で生起する[52]

(
a.  Considero  os  meninos  inocentes. 
consider.1SG  the.PL  boys  innocent.PL 
'I consider the boys innocent.'
(
b.  Considero  inocentes  os  meninos. 
consider.1SG  innocent.PL  the.PL  boys 
lit. 'I consider innocent the boys.'

一方、自由小節は [述語 主語] の語順でのみ生起可能である[52]。このタイプの小節の定義・分析方法は諸説あり、Kato (2007)[52]では定形の屈折辞を伴う分裂文の一種であると分析されている一方、Sibaldo (2013)[53]などでは屈折の形態具現のないTPであると分析されている。

(
a.  *A  sua  casa  bonita! [52] 
the  your  house  beautiful 
lit. 'Your house (is) how beautiful!'
(
b.  Bonita  sua  casa! [52] 
beautiful  the  your  house 
'How beautiful your house (is)!'

スペイン語編集

スペイン語は、ロマンス諸語の共通した性質として線形順序に柔軟性が見られる言語の1つであり、スペイン語の小節にもこの性質が当てはまる (この性質は、談話卓越型言語および一致志向型言語の特徴と考えられている)[54]。ただし、情報焦点となる要素が文末に生起するという特徴があり、これに即さない語順は非文となる[54]

(
a.  Joan  comió  la carne  cruda. [54] 
Joan  ate  the meat  raw 
(
b.  *Joan  comió  cruda  la carne. [54] 
Joan  ate  raw  the meat 
lit. 'Joan ate the meat raw.'

情報焦点が文末に生起する性質は、wh疑問文に対する返答文においてより顕著である。

(
  ¿A quién  consideras  muy lista? [54] 
to whom  consider.PRES.2SG  very clever.F.SG 
'Who do you consider very clever?'
(
a.  Considero  muy lista  a Susana. [54] 
consider.PRES.1SG  very clever.F.SG  to Susana 
lit. 'I consider very clever Susana.'
(
b.  # Considero a Susana muy lista. [54] 
'I consider Susana very clever.'

上記の例では、人がwh語により焦点化されているため、対応する返答では人を表す名詞句が文末に生起しなければならない。一方で、述語が焦点化される場合はこの逆が成立する。

(
  ¿Cómo  consideras  a Susana? [54] 
how  consider.PRES.2SG  to Susana 
'How do you consider Susana?'
(
a.  # Considero muy lista a Susana.[54]
(
b.  Considero a Susana muy lista.[54]

ギリシャ語編集

ギリシャ語では、情報焦点が文末に生起し、小節の語順もこれに左右されるという点でスペイン語と同様である[54]

(
a.  janis  efaγe  to kreas  omo. [54] 
John  ate  the meat  raw 
(
b.  *janis efaγe omo to kreas. [54] 
lit. 'John ate the meat raw.'
(
  pjon  θeoris  poli eksipno? [54] 
who.M.ACC  consider.2SG  very clever.M.SG.ACC 
'Who do you consider very clever?'
(
a.  θeoris  poli eksipno  to jani. 
consider.1SG  very clever.M.SG.ACC  the John.ACC 
(
b.  #θeoris to jani poli eksipno. 
lit. 'I consider John very clever.'
(
  ti  θeoris  to jani? [54] 
what.NEUT.ACC  consider.2SG  the John.ACC 
'How do you consider John?'
(
a.  #θeoris poli eksipno to jani.
(
b.  θeoris to jani poli eksipno.

感嘆小節編集

英語には、感嘆小節 (: expressive small clause; ESC) と呼ばれる、話者の感情を伝達するために用いられる小節がある[55]。ESCは基本的に単独でのみ使用され、動詞の補部を含む項位置に生起することができない[56]

(
a.  Oh, you fool! [56]:183
(
b.  You idiot! [56]:183
(
c.  You nincompoop/dumbass/screwball! [56]:183
(
a.  *[You fool] should read more carefully. [56]:197
(
b.  *I consider [you fool/nincompoop/screwball]. [56]:187

英語のみならず、日本語にも感嘆小節が存在する。ただし、英語の場合とは異なり二人称代名詞が用いられると容認度が低下するのに加え、項位置への生起も許容される[55]

(
a.  こ  の  馬鹿! [55] 
this  GEN  fool 
'This (=you) fool!'
(
b.  ??あなた/お前/貴様/テメエ  の  馬鹿! [55] 
you  GEN  fool 
'You fool!'
(
  おい  山田、  [田中  の  馬鹿]  が  また  失敗-した  よ。[55] 
Hey  Yamada  Tanaka  GEN  fool  NOM  again  mistake-did  PART 
lit. 'Hey Yamada, Tanaka fool (=that fool Tanaka) made a mistake again.'

注釈編集

  1. ^ 『不定詞付き対格』は、最上 (1996)[3]:149によるラテン語の accusativus cum infinitivo の対訳である。
  2. ^ 動詞句内主語仮説を採用する近代理論においては、vPも命題単位と見做される[5][6][7]
  3. ^ この例は一見するとTPのみで構成される統語単位であるが、現代の統語論においては、全ての節がCPを成すとする考えが主流である[8]:196-221。この証拠として、肯定文は疑問文との等位接続が可能である。
    (i)  a.  You can lead a horse to water.
    (i)  b.  [CP Will it drink]?
    (i)  c.  [CP You can lead a horse to water] but [CP will it drink]?
  4. ^ ECM(Exceptional Case-Marking、例外的格表示)とは、節境界を越えて補文の主語要素に対格(別名、目的格)を付与する現象を指す[1]:184
    (
    a.  John believes [that she{NOM / *ACC} is an honest girl].
    (
    b.  John believes [her{*NOM / ACC} to be an honest girl].

    角括弧で表す節内の女性形単数代名詞の形態から、(ib) の埋め込み主語は、その生起位置に反して対格が付与されていることが分かる。なお、目的語繰り上げとは、この事実を捉えるために一部の理論が仮定する (ii) のような移動派生のことである[1]:184

    (
      John believes heri [ti to be an honest girl].
  5. ^ 日本語で形容詞「頼もしい」を用いた場合も同様。日本語では、例文32は「ジョン は [メリー が/を 頼もし -い -と] 思う。」、例文33は「ジョン は [メリー *が/を 頼もし -く] 思う。」となる。

出典編集

  1. ^ a b c d 『増補版チョムスキー理論辞典』研究社、東京、2016年。 
  2. ^ a b c d e f g Citko, Barbara (2011a). “Small Clauses: Small Clauses”. Language and Linguistics Compass 5 (10): 748-763. 
  3. ^ 最上, 英明「ドイツ語の知覚動詞について」『香川大学経済論叢』第69巻第1号、1996年、 149-162頁。
  4. ^ 荒木, 一雄 『英語学用語辞典』三省堂、東京、1996年。 
  5. ^ a b Chomsky, Noam (1995). The Minimalist Program. Cambridge MA: MIT Press 
  6. ^ a b Chomsky, Noam (2000). “Minimalist Inquiries: The Framework”. In Martin, Roger; Michaels, David; Uriagereka, Juan. Step by Step: Essays on Minimalist Syntax in Honor of Howard Lasnik. Cambridge MA: MIT Press. pp. 89-155 
  7. ^ a b Chomsky, Noam (2001). “Derivation by Phase”. In Kenstowicz, Michael. Ken Hale: A Life in Language. Cambridge MA: MIT Press. pp. 1-52 
  8. ^ Radford, Andrew (2016). Analysing English Sentences: Second edition. Cambridge: Cambridge University Press 
  9. ^ a b c d e f Williams, Edwin (1975). “Small Clauses in English”. In Kimball, John P.. Syntax and Semantics 4. Cambridge, MA: Academic Press. pp. 249-273 
  10. ^ a b c d Chomsky, Noam (1981). Lectures on Government and Binding. Cambridge, MA: MIT Press 
  11. ^ a b Ouhalla, Jamal (1994). Introducing Transformational Grammar: From Rules to Principles and Parameters. Arnold 
  12. ^ Wardhaugh, Ronald (2003). Understanding English Grammar : A Linguistic Approach (2nd ed.). Wiley-Blackwell 
  13. ^ Fukui, Naoki; Speas, Margaret J. (1986). “Specifiers and Projection”. MIT Working Papers in Linguistics 8: 128-172. 
  14. ^ Kitagawa, Yoshihisa (1986). Subjects in Japanese and English (Ph.D. thesis). University of Massachusetts. Reprinted in Kitagawa (1994), Routledge.
  15. ^ Kuroda, Shigeyuki (1988). “Whether We Agree or Not: A Comparative Syntax of English and Japanese”. Lingvisticæ Investigationes 12 (1): 1-47. 
  16. ^ Koopman, Hilda; Sportiche, Dominique (1991). “The Position of Subejcts”. Lingua 85: 211-258. 
  17. ^ a b c Haegeman, Liliane; Guéron, Jacqueline (1999). English Grammar: A Generative Perspective. Blackwell 
  18. ^ a b c d e Williams, Edwin (1980). “Predication”. Linguistic Inquiry 11: 203-238. 
  19. ^ a b c d e f g h Williams, Edwin (1983). “Against Small Clauses”. Linguistic Inquiry 14: 278-308. 
  20. ^ a b c d e f Stowell, Timothy (1981). Origins of Phrase Structure (Ph.D. thesis). MIT.
  21. ^ Chomsky, Noam (1986a). Knowledge of Language : Its Nature, Origin, and Use. Westport, CT: Praeger 
  22. ^ a b Culicover, Peter W.; Jackendoff, Ray (2005). Simpler Syntax. Oxford University Press 
  23. ^ a b c d e f Balazs, Julie (2012). The Syntax Of Small Clauses (Master's thesis). Cornell University.
  24. ^ a b c d e Matushansky, Ora (2019). “Against the PredP Theory of Small Clauses”. Linguistic Inquiry 50 (1): 63-104. 
  25. ^ a b c Safir, Kenneth (1983). “On Small Clauses as Constituents”. Linguistic Inquiry 14 (4): 730-735. 
  26. ^ a b c d Bowers, John (1993). “The Syntax of Predication”. Linguistic Inquiry 24 (4): 596-597. 
  27. ^ a b c d e f g h i Bowers, John (2001). “Predication”. In Baltin, Mark; Collins, Chris. The Handbook of Contemporary Syntactic Theory. Blackwell. pp. 299-333 
  28. ^ a b c d e f g Sportiche, Dominique (1995). “French Predicate Clitics and Clause Structure”. In Cardinaletti, Anna. Syntax and Semantics 28: Small Clauses. San Diego, CA: Academic Press. pp. 287-324 
  29. ^ Matthews, Peter H. (2007). Syntactic Relations : A Critical Survey. Cambridge: Cambridge University Press 
  30. ^ Tomacsek, Vivien (2014). “Approaches to the Structure of English Small Clauses”. The ODD Yearbook 9: 128–154. 
  31. ^ Pereltsvaig, Asya (2008). Copular Sentences in Russian: A Theory of Intra-Clausal Relations. Springer Science 
  32. ^ Citko, Barbara (2011b). Symmetry in Syntax: Merge, Move and Labels. Cambridge University Press. https://archive.org/details/symmetrysyntaxme00citk 
  33. ^ a b Moro, Andrea. (2008). The Anomaly of Copular Sentences. Ms., University of Venice.
  34. ^ Jackendoff, Ray (1974). Introduction to the X-bar Convention. Indiana University Linguistics Club 
  35. ^ Jackendoff, Ray (1977a). X-bar-Syntax: A Study of Phrase Structure. Cambridge, MA: MIT Press 
  36. ^ Jackendoff, Ray (1977b). “Constraints on Phrase Structure Rules”. In Culicover, Peter W.; Wasow, Thomas; Akmajian, Adrian. Formal Syntax. New York: Academic Press. pp. 249-283 
  37. ^ a b Eide, Kristin M.; Åfarli, Tor A. (1999). “The Syntactic Disguises of the Predication Operator” (英語). Studia Linguistica 53 (2): 155-181. 
  38. ^ Chomsky, Noam (1970). “Remarks on Nominalization”. In Jacobs, Roderick; Rosenbaum, Peter. Readings in English Transformational Grammar. Georgetown University School of Language. pp. 170–221 
  39. ^ Contreras, Heles (1987). “Small Clauses in Spanish and English”. Natural Language and Linguistic Theory 5 (2): 225–243. 
  40. ^ a b Kim, Jong-Bok (2013). “On the Existence of Small Clauses in English”. 영어학연구 19: 67–88. http://pdfs.semanticscholar.org/4f2e/9ba465875edff8b4246e108dc9de5f1402cb.pdf. 
  41. ^ a b c d e Kreps, Christian (1994). “Another Look at Small Clauses”. University College Working Papers in Linguistics 6: 149–177. https://www.phon.ucl.ac.uk/publications/WPL/94papers/KREPS.pdf. 
  42. ^ Hornstein, Norbert; Lightfoot, David (1987). “Predication and PRO”. Language 63 (1): 23-52. https://repository.library.georgetown.edu/handle/10822/707734. 
  43. ^ Bailyn, John (2001). “The Syntax of Slavic Predicate Case”. Papers on Predicative Constructions: Proceedings of the Workshop on Secondary Predication, October 16-17. https://www.researchgate.net/publication/248885243. 
  44. ^ Bailyn, J. F. (1995). A Configurational Approach to Russian 'Free' Word Order (Ph.D. thesis). Cornell University.
  45. ^ Citko, Barbara (2008). “Small Clauses Reconsidered: Not So Small and Not All Alike”. Lingua 118: 261-295. 
  46. ^ a b c d Bayer, Samuel (1996). “The Coordination of Unlike Categories”. Language 72 (3): 579-616. 
  47. ^ a b c Basilico, David (2003). “The Topic of Small Clauses”. Linguistic Inquiry 34 (1): 1-35. 
  48. ^ a b c d e f g h Hong, Sungshim; Lasnik, Howard (2010). “A Note on 'Raising to Object' in Small Clauses and Full Clauses”. Journal of East Asian Linguistics 19 (3): 275-289. 
  49. ^ a b c d e f Giparaitė, Judita (2010). The Non-verbal Type of Small Clauses in English and Lithuanian. Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars 
  50. ^ a b c d Wei, Ting-Chi (2007). “Nominal Predicates in Mandarin Chinese”. Taiwan Journal of Linguistics 5 (2): 85–130. http://tjl.nccu.edu.tw/main/uploads/5.2-4Wei__.pdf. 
  51. ^ a b Xie, Zhiguo (2014). “The Degree Use of the Possessive Verb Yǒu in Mandarin Chinese: A Unified Analysis and Its Rheoretical Implications”. Journal of East Asian Linguistics 23 (2): 113–156. 
  52. ^ a b c d e f Kato, Mary Aizawa (2007). “Free and Dependent Small Clauses in Brazilian Portuguese”. DELTA: Documentação de Estudos em Lingüística Teórica e Aplicada 23: 85-111. 
  53. ^ Sibaldo, Marcelo Amorim (2013). “Free Small Clauses of Brazilian Portuguese as a TP-Phrase”. Selected Proceedings of the 16th Hispanic Linguistics Symposium: 324-337. http://www.lingref.com/cpp/hls/16/paper2944.pdf. 
  54. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Jiménez-Fernández, Á. L.; Spyropoulos, V (2013). “Feature Inheritance, vP Phases and the Information Structure of Small Clauses”. Studia Linguistica 67 (2): 185-224. 
  55. ^ a b c d e Izumi, Yu; Hayashi, Shintaro (2018). “Expressive Small Clauses in Japanese”. The Proceedings of Logic and Engineering of Natural Language Semantics 14. 
  56. ^ a b c d e f Potts, Christopher; Roeper, Thomas (2006). “The Narrowing Acquisition Path: From Declarative to Expressive Small Clauses”. In Progovac, Ljiljana; Paesani, Kate; Casielles-Suárez, Eugenia et al.. The Syntax of Nonsententials: Multidisciplinary Perspectives. Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins. pp. 183-201 

関連項目編集