メインメニューを開く

小納 真樹(こな まさき、1973年9月2日 - )は、秋田県出身のバスケットボール選手。バスケットボール選手小納真良の双子の兄。身長174cm。ポジションはポイントガード。長兄・真琴もバスケットボール選手。

来歴編集

能代工業高校インターハイ・国体・ウィンターカップタイトルに貢献。高校卒業後は秋田経法大学に進学した。

大学卒業後、トヨタ自動車に入社。

全日本にも選出され、1997年アジア選手権に出場。日本の31年ぶり世界選手権切符獲得に貢献した。

2004年からは横河電機に所属している。

日本代表歴編集

  • 1997アジア選手権

関連項目編集