メインメニューを開く
ERGICは分泌経路上の粗面小胞体とゴルジの間にある。

小胞小管クラスター(しょうほうしょうかんクラスター、: Vesicular-tubular cluster、略称: VTC)または小胞体-ゴルジ体中間区画: ER-Golgi intermediate compartment、略称: ERGIC)は、真核細胞中の細胞小器官(オルガネラ)である。この区画は小胞体(ER)とゴルジ複合体との間の物質輸送を媒介し、積荷の仕分けを手助けしている[1]。1988年にERGIC-53英語版と命名されたタンパク質に対する抗体を用いて最初に同定された[2]

ほ乳類では、小胞体の出口部位(exit site)から出芽したCOPII小胞が被覆を失い、融合して小胞小管クラスター(VTC)が形成される。COPI小胞における回収(または逆行性)輸送は失われた小胞体タンパク質の多くを小胞体へと戻す。前方(または順行性)輸送はVTC内容物をシス・ゴルジ網(ゴルジ複合体の受け取り面)へと移動させる。この過程は2つの過程の1つによって起こると考えられている。1つは槽成熟(cisternal maturation)と呼ばれる、VTCが単純にシス・ゴルジ網へと成熟する過程である。もう1つの過程では、COPI小胞輸送が微小管に沿ったVTCの移動を介してVTC材料をゴルジ装置の受け取り面へと移す。どちらの過程についての証拠が存在し、細胞中では両方の過程が同時に起こっているのかもしれない。

出典編集

  1. ^ “The ER-Golgi intermediate compartment (ERGIC): in search of its identity and function”. J. Cell Sci. 119 (Pt 11): 2173–83. (June 2006). doi:10.1242/jcs.03019. PMID 16723730. 
  2. ^ “Identification, by a monoclonal antibody, of a 53-kD protein associated with a tubulo-vesicular compartment at the cis-side of the Golgi apparatus”. J. Cell Biol. 107 (5): 1643–53. (1988). doi:10.1083/jcb.107.5.1643. PMC: 2115344. PMID 3182932. http://jcb.rupress.org/content/jcb/107/5/1643.full.pdf 2017年4月7日閲覧。.