メインメニューを開く

小花下(しょうけげ)は、649年から664年まで日本で用いられた冠位である。小華下とも書く。19階のうち上から数えて10番目で、小花上の下、大山上の上にあたる。

大化5年(649年)2月の冠位19階の制で設けられた。かつての小錦小花上と小花下に分割したうちの一つである。天智天皇3年(664年)2月の冠位26階の制では小花という呼び方を小錦に戻した上で、小錦上小錦中小錦下に3分した。

日本書紀』にこの位で見える人物には、大化5年(649年)に新羅に遣わされた三輪色夫[1]白雉5年(654年)にから帰国して昇進した吉士長丹[2]斉明天皇3年(659年)頃に百済から帰国した阿曇頬垂[3]、斉明天皇7年(661年)に前将軍になった河辺百枝[4]がいる。

また、『続日本紀』には、蘇我安麻呂少納言小花下とあるが[5]、安麻呂はこの冠位の廃止後、天智天皇10年(671年)に大海人皇子(後の天武天皇)に助言している[6]

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』大化5年5月1日条。
  2. ^ 『日本書紀』白雉5年7月是月条。
  3. ^ 『日本書紀』斉明天皇3年是年条、4年是年条。
  4. ^ 『日本書紀』天智天皇即位前紀の斉明天皇7年8月条。
  5. ^ 『続日本紀』天平元年(729年)8月9日条。蘇我氏を改め石川氏になった石川石足の薨伝に、少納言小花下安麻呂の子とある。
  6. ^ 『日本書紀』天武天皇即位前紀。蘇賀安麻侶(安摩侶)と書かれる。

関連項目編集