メインメニューを開く

小菅信子(こすげ のぶこ、1960年8月26日 - )は、日本歴史学者政治学者。専門は国際関係論、近現代史、平和研究。山梨学院大学法学部政治行政学科教授。

経歴編集

東京都生まれ。旧姓、小島[1]国府台女子学院高等部を経て、1984年上智大学文学部史学科卒業後、同大学大学院文学研究科修士課程修了。1992年同大学院同研究科史学専攻博士後期課程修了満期退学。帝京大学兼任講師などを経て、ケンブリッジ大学国際研究センター客員研究員(1996-98年)。山梨学院大学法学部政治行政学科専任講師、助教授を経て教授。

2006年9月、『戦後和解』で第27回石橋湛山賞受賞。

研究テーマ編集

戦場における人道の理念と実践の関心から戦争をめぐる研究を行なう。大学院生時代には立教大学粟屋憲太郎などに学ぶ。研究対象は戦争後の「和解」に興味が移り、第二次世界大戦後の極東国際軍事裁判などに関心を向ける。

著書編集

単著編集

  • 『戦後和解――日本は〈過去〉から解き放たれるのか』(中公新書、2005年)
  • 『ポピーと桜――日英和解を紡ぎなおす』(岩波書店、2008年)
  • 『14歳からの靖国問題』(ちくまプリマー新書、2010年)
  • 『放射能とナショナリズム』(彩流社、2014年)
  • 『原典でよむ 20世紀の平和思想』(岩波書店、2015年)

共編編集

共著編集

翻訳編集

脚注編集

外部リンク編集