メインメニューを開く

小藤田 正一(こふじた しょういち、1916年12月2日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6]。本名は藤田 眞砂生(ふじた まさお)[1][2][3][4][5][6]。武田正憲一座、河合武雄一座など、様々な新派劇の出演を経て、大正後期には井上正夫と共に松竹蒲田撮影所で活躍した名子役として知られる[1]

こふじた しょういち
小藤田 正一
小藤田 正一
歌舞伎出版部『歌舞伎 第2年』第4号臨時増刊(1926)より
本名 藤田 眞砂生 (ふじた まさお)
生年月日 (1916-12-02) 1916年12月2日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市本郷区湯島(現在の東京都文京区
身長 154.8cm (満17歳当時)
職業子役俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1920年 - 1953年
主な作品
がまぐち
正ちゃんの蒲田訪問
大人の見る繪本 生れてはみたけれど
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

1916年(大正5年)12月2日東京都東京市本郷区湯島(現在の東京都文京区湯島)に生まれる[1][2][3][4][5][6]

1920年(大正9年)、子役として武田正憲一座に入り、同年9月、辰巳劇場で上演された舞台『嬰児殺し』で初舞台を踏む[1][2][3][4][5][6]。次いで木下吉之助一座に入り中央劇場に出演し、早くも名子役の評判をとる[1][2][3][4][5][6]

1922年(大正11年)、国際活映に所属していた新派俳優井上正夫(1881年 - 1950年)に注目され、同年4月、井上と共に松竹蒲田撮影所に入社し、同年同月30日に公開された野村芳亭監督映画『地獄船』で映画デビューを果たす[1][2][3][4][5][6]。この作品は1921年(大正10年)1月21日に公開されたチャールズ・チャップリン主演映画『キッド』を映画監督伊藤大輔(1898年 - 1981年)が翻案したものであり、これにより小藤田は「日本のジャッキー・クーガン "天才子役"」とうたわれる[1]。また、同年5月1日に公開された牛原虚彦監督映画『孝女よしこ』では7歳年上の子役久保田久雄(1909年 - 没年不詳)と共演している[1]。同年6月、井上正夫・喜多村緑郎一座に入り、明治座で上演された舞台『悪魔の鞭』に出演[1][2][3][4][5][6]。1923年(大正12年)3月には河合武雄一座に入り、御国座で上演された舞台『陸奥物語』に出演し、後に九州地方を中心に各地巡業に出るが、この間にも松竹映画蒲田撮影所製作のサイレント映画に出演している[1][2][3][4][5][6]。同年に発行された『現代俳優名鑑』によれば、この当時は東京府東京市深川区深川亀住町(現在の江東区深川)に住み、この当時の身長は2尺8寸(約84.8センチメートル)であった[3]

ところが、1924年(大正13年)から松竹蒲田撮影所の子役に専念するようになり、新派調の貧しい家の子供役や喜劇映画を中心に多くの作品に出演[1][2][3][4][5][6]。同じ子役の高尾光子(1915年 - 1980年)と共に子供のアイドルとなる[1]。また10代後半になってからは、1929年(昭和4年)4月13日に公開された小津安二郎監督映画『学生ロマンス 若き日』や1932年(昭和7年)6月3日に公開された同じく小津安二郎監督映画『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』などで元気な小学生役や餓鬼大将役を演じたほか、松竹下加茂撮影所製作の映画にも積極的に助演した[1][2][5][6]。1928年(昭和3年)に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』(映画世界社)など一部の資料によれば、東京府東京市本郷区本郷真砂町15番地(現在の東京都文京区本郷)、後に東京府東京市蒲田区新宿町101番地(後の東京都大田区新宿町、現在の東京都大田区蒲田辺り)に住み、身長は4尺1寸2分(約125.1センチメートル)、後に5尺1寸(約154.8センチメートル)となり、体重は9貫300匁(約34.9キログラム)、後に11貫300匁(約42.4キログラム)となるが、後年は長身であったといわれている[2][4][5][6]。また、同書によると、趣味は映画鑑賞で、お菓子洋食が嗜好であるという旨が記されている[5][6]

しかし1930年代後半になると、1929年(昭和4年)に映画デビューした突貫小僧(後の青木富夫、1923年 - 2004年)の才気煥発な演技と人気の影に隠れがちとなり、1933年(昭和8年)4月1日に公開された成瀬巳喜男監督映画『君と別れて』など、以後は脇役へ回る[1][2][6]。戦後も引き続き松竹大船撮影所に所属し、相変わらず脇役を務めていたが、1953年(昭和28年)12月29日に公開された川島雄三監督映画『お嬢さん社長』以降の作品が見当たらず、以後の消息も明らかになっていない[1][2]没年不詳

出演作品編集

松竹蒲田撮影所編集

特筆以外、全て製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹」、特筆以外は全てサイレント映画である。

松竹大船撮影所編集

特筆以外、全て製作は「松竹大船撮影所」、配給は「松竹」、以降全てトーキーである。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、223-224頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『芸能人物事典 明治大正昭和』日外アソシエーツ、1998年、235頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『現代俳優名鑑』揚幕社、1923年、29頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』映画世界社、1928年、92頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』映画世界社、1929年、119頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』映画世界社、1934年、111-112頁。

関連項目編集

外部リンク編集