小藤石(ことうせき、 Kotoite)は、1939年に発表された新鉱物で、当時北海道大学に勤務していた渡辺武男により、朝鮮のホルゴル(笏洞)金・銅鉱山(現在の朝鮮民主主義人民共和国黄海北道遂安郡)において、苦灰岩ホウ素を含む熱水との反応の生成物として発見された[1]。化学組成は Mg3[BO3]2 で、斜方晶系東京帝国大学の地質学者、小藤文次郎の業績をたたえて命名されたもの。日本で、初めて人名に由来する名前のついた鉱物であった。

通常は透明もしくは半透明の粗粒結晶集合体として産出し、条痕色は白、モース硬度は6.5。へき開は完全。密度3.10g/cm3に不溶。

脚注編集

  1. ^ Watanabe, T. (1939): Kotoit, ein neues gesteinsbildenes magnesiumborat. Mineral. petrogr. Mitteil., 50, 441-463.

関連項目編集

外部リンク編集