メインメニューを開く
日本 > 神奈川県 > 鎌倉市 > 小袋谷

小袋谷(こぶくろや)は、神奈川県鎌倉市の地名。古くは鎌倉郡小袋谷村。現行行政地名は小袋谷一丁目及び小袋谷二丁目と大字小袋谷。住居表示は一丁目及び二丁目は実施済み区域、大字小袋谷は未実施区域[5]郵便番号247-0055[3]

小袋谷
小袋谷の位置(神奈川県内)
小袋谷
小袋谷
小袋谷の位置
北緯35度20分38.52秒 東経139度32分8.87秒 / 北緯35.3440333度 東経139.5357972度 / 35.3440333; 139.5357972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kamakura, Kanagawa.svg 鎌倉市
地域 大船地域
面積
 • 合計 0.36km2
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[2]
 • 合計 3,162人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
247-0055[3]
市外局番 0467 (藤沢MA)[4]
ナンバープレート 横浜

地理編集

鎌倉市大船地域に属する。小袋谷は鎌倉市および大船に挟まれた、西北から東南にかけて長辺1km、短辺150mほどの細長い地域で、「谷」と付く地名に反して2008年現在の小袋谷の大部分は平坦な地形である。北側は神奈川県道301号大船停車場線を境界に大船と、南側は柏尾川の支流のひとつである小袋谷川を境界に台と接する。西北端では徒歩3分ほどの大船駅が、東南端では北鎌倉駅が利用される。中間の地域では江ノ電バスが利用されることも多い。

歴史編集

古くは「巨福呂谷」とも呼ばれた。史料上の初見は文亀元年(1501年)の「雲頂庵[6]文書に「巨福礼(ママ)谷の田地が雲頂庵に寄進されたとの記載が残っている。さらに南方の建長寺の山号「巨福山」と「巨福呂坂」(現在は山ノ内)も関係がある。

戦国時代東郡小袋谷の名義で北条幻庵知行していたとの記録が残る。江戸時代旗本松前氏幕末の一時期を除き知行した。

隣接する台村とは村境の小袋谷川柏尾川支流)からの用水をめぐりたびたび水争論を起こしていた。

付近の光照寺に「小袋谷村に隠れキリシタンの集落があった」との伝承が残るが、詳細は不明。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字丁目 世帯数 人口
小袋谷 40世帯 108人
小袋谷一丁目 557世帯 1,021人
小袋谷二丁目 963世帯 2,033人
1,560世帯 3,162人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7][8]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
小袋谷 全域 鎌倉市立小坂小学校 鎌倉市立岩瀬中学校
小袋谷一丁目 1~2番
4~9番
鎌倉市立大船小学校 鎌倉市立大船中学校
3番 鎌倉市立山崎小学校
小袋谷二丁目 全域 鎌倉市立小坂小学校

交通編集

鉄道編集

地域内に横須賀線および湘南モノレールが敷設されているが駅は存在しない。また、かつては横須賀線から鎌倉車両センター深沢地区(旧大船工場)への引き込み線が分岐していた。

道路編集

バス編集

小袋谷交差点編集

小袋谷は古くから交通の要衝として知られており、江戸時代は戸塚宿から鎌倉へ向かう鎌倉街道(現県道21号線)、藤沢宿から鎌倉へ向かう「鎌倉山之内往還」(現県道302号線)が合流し、江ノ島へ向かう江ノ島道も分岐していた。

上記の県道21号と302号が合流するT字路型の交差点で、南下してきた県道21号はこの交差点で東へ向きを変えて鎌倉に至る。交差点の北側には県道21号線と横須賀線との踏切が近接するうえ、踏切の北側では県道21号と301号も合流し、山ノ内経由で鎌倉に向かう交通が集中する。この交差点の鎌倉側は幅員が狭小であり、踏切の存在もあってこの交差点付近は大変混雑し、渋滞の名所として知られる。

施設編集

教育施設編集

  • 鎌倉市立小坂小学校

神社仏閣編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年(2016年)版鎌倉の統計”. 鎌倉市. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉の人口と世帯数(地域・町丁・字別)”. 鎌倉市 (2018年1月26日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ 鎌倉市の町名称及び住居表示の実施状況”. 鎌倉市 (2017年2月7日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ 円覚寺塔頭
  7. ^ 鎌倉市の市立小学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  8. ^ 鎌倉市の市立中学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。

関連項目編集