メインメニューを開く

小西 行景(こにし ゆきかげ)は、安土桃山時代武将小西隆佐の三男。隼人正。別名に長元小西隼人の名前でも知られる。子に忠右衛門、七右衛門。

 
小西行景 / 小西長元
Konisi hayato.jpg
『太平記三十六番相撲第四之番』(落合芳幾
時代 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 慶長5年10月24日1600年11月29日
別名 長元、通称:隼人(隼人正)
霊名 ジョアン
墓所 禅定寺熊本県熊本市中央区)
主君 小西行長
氏族 小西氏
父母 父:小西隆佐、母:小西ワクサ
兄弟 如清行長行景主殿介[異説あり]
忠右衛門七右衛門

目次

生涯編集

小西隆佐の三男で母は小西ワクサ[1]。兄に小西行長などがいる。兄・行長が南肥後半国を与えられると、5,000石を与えられ宇土城代とされた。

天正17年(1589年)、天草国人一揆の鎮圧で活躍。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは留守居役として宇土城を任され、同じく家臣の南条元宅内藤如安と共に守備した。加藤清正が来襲すると麦島城(八代城)の小西行重薩摩島津氏に援軍要請の使者を発し、守りを固めた。この使者は加藤軍に捕らえられて偽の使者に取り替えられ、小西長貞はそれを信じて島津義弘家臣・本郷能登守(比丘尼ヶ城主)の救援部隊を宇土へと差し向けたが、偽計による待ち伏せに遭い、宮原の乱橋辺りで加藤勢に要撃されて本郷は討ち死にした。他方、行景は加藤家重臣で水軍を率いた梶原景俊(助兵衛)を海戦で撃破、討ち死にさせるなど善戦した。その采配は敵方からも高く評価されたという。清正は宣教師2人を差し向けて降伏を諭させたが、信仰と軍事は無関係として拒絶した。

行景は10月まで持ちこたえたが、20日、行長家臣の加藤吉成芳賀新伍の両名が行長自筆の書状を持って関ヶ原から宇土に到着し、西軍が大敗したことを伝えると、抵抗を諦めた。自分が腹を斬るから城中の家臣全員の助命して欲しいと訴え、これを条件に23日に開城し、翌24日、言葉通りに熊本城下の下河元宜の屋敷で小西長貞と共に切腹した。

は、行景の行為によって助命され、加藤清正家臣となった南条元宅により、後に禅定寺(熊本市中央区横手)に造られて葬られた。現在も南条の墓と隣接して行景の墓がある。

行景には、忠右衛門と七右衛門の男子2人がおり、忠右衛門は小西家臣・白井某によって宇土落城の際に鹿本へ落ちのびた。忠右衛門の子孫は小材氏を名乗り、七右衛門の子孫は津田氏を名乗り、それぞれ武家として存続した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ワクサ(霊名マグダレーナ)の息子は如清と行長だけとする異説あり。

参考文献編集

関連項目編集