メインメニューを開く

小見川町(おみがわまち)は、千葉県香取郡に存在した

おみがわまち
小見川町
廃止日 2006年平成18年)3月27日[1]
廃止理由 新設合併
佐原市小見川町山田町栗源町香取市[1]
現在の自治体 香取市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
香取郡
団体コード 12344-7
面積 61.84km2.
総人口 25,420
(2005年12月1日)
隣接自治体 佐原市
香取郡:栗源町山田町東庄町
町の木 イブキ
町の花 ハナショウブ
町の鳥
町の魚
オオセッカ
フナ
小見川町役場
所在地 289-0331
千葉県香取郡小見川町羽根川38
外部リンク 小見川町Internet Archive
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

関東平野に位置し、中心部は低地である。西部と東部に丘陵が見られる。

隣接する自治体編集

歴史編集

古代、小見川の大部分は海であり、陸地部には縄文人が住み着いていた。そのため現在でもその地域には貝塚が多数存在している(白井、阿玉台、木内、内野、良文等)。

46世紀には、日本の他地区と同様、小見川でも古墳が作られた。100基程見つかっており、代表例として三之分目大塚山古墳や、城山の古墳群が挙げられる。

鎌倉時代に入ると、千葉氏の勢力が強まり、その一族である粟飯原朝秀が小見川城を築いた。一方で、西地区の一部(織幡など)は香取神宮が領有を主張していた。

粟飯原氏はその後も、源氏足利氏北条氏と密接に関わり地域を支配していた。しかし、やがて千葉氏の勢力が衰え、天文21年(1552年)に正木時茂により小見川城が攻略されると、粟飯原氏一族は離散した。また、香取神宮も天正19年(1591年)の太閤検地によって多くの社領を失い、織幡は普通の村落になった。

文禄3年(1594年)、松平家忠が小見川に封ぜられた。これが小見川藩の始まりである。続いて土井利勝安藤重信が封ぜられ、その後天領などを経て慶安2年(1649年)、内田信濃守正信の領するところとなり、以降幕末まで内田氏による統治が続いた。また、この頃から利根川東遷事業により、東北地方銚子醤油などが利根川を経由して江戸に運ばれるようになった。これにより佐原などはその中継地として栄えたが、小見川もまたその恩恵を受けた。

明治時代廃藩置県により、小見川地区のうち内田氏の支配地は小見川県、それ以外の土地は宮谷県となったがその後どちらも千葉県に編入され、明治22年(1889年)の町村制施行に伴い、香取郡小見川町、豊浦村森山村神里村良文村が成立、昭和の大合併でこれら1町4村が合併し、新しい小見川町が誕生した。

沿革編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 変遷表

教育編集

小学校編集

  • 小見川町立東小学校
  • 小見川町立中央小学校
  • 小見川町立西小学校
  • 小見川町立南小学校
  • 小見川町立北小学校
    • 小見川町立北小学校利北分校

中学校編集

  • 小見川町立小見川中学校

高等学校編集

交通編集

特産編集

  • イリダイ醤油(ちば醤油株式会社)…全国醤油品評会にて、4回の農林水産大臣賞を受賞している。
  • カサブランカ…高級ユリの栽培日本一。年間の出荷量は約70万本。
  • 利根川の「天然ウナギ
  • ウナギの佃煮、すずめ焼き

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b c “新4市・町 誕生祝う 香取市 県内初の自治区制導入 山武市 旧4町村、テープカット 新・成田市 NARITAナンバーを交付 横芝光町 2町合併、喜びかみしめ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年3月28日) 
  2. ^ a b 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201より

参考文献編集

  • 小見川の歴史(小見川町教育振興協議会教材資料作成委員会編 1970年)
  • 小見川町史 通史編(小見川町史編さん委員会編 1991年)
  • おみがわ歴史の歩み(平野功 小見川町文化協会郷土研究部 2004年)

外部リンク編集