小谷 信千代(おだに のぶちよ、1944年5月21日 - )は、日本の仏教学者大谷大学名誉教授

兵庫県生まれ。1967年大谷大学文学部仏教学科卒業。1975年京都大学大学院文学研究科仏教学修士課程修了。1978年大谷大大学院博士課程満期退学。1999年「法と行 仏説の真意を求めて」で大谷大学文学博士大谷大学短期大学部助教授、教授[1]、大谷大学教授、2009年定年、名誉教授[2]

著書編集

  • 『法と行の思想としての仏教』文栄堂書店 2000
  • 摂大乗論講究』真宗大谷派宗務所出版部 2001
  • 世親浄土論の諸問題 二〇一二年安居本講』真宗大谷派宗務所出版部 2012
  • 『真宗の往生論 親鸞は「現世往生」を説いたか』法藏館 2015
  • 『虚妄分別とは何か』法藏館 2017
  • 『法然・親鸞にいたる浄土教思想 利他行としての往生』法藏館 2022

共著編集

  • 倶舎論の原典研究 智品・定品』櫻部建・本庄良文共著 大蔵出版 2004
  • 『倶舎論の原典研究 随眠品』本庄良文共著 大蔵出版 2007

翻訳編集

  • 『倶舎論の原典解明 賢聖品』櫻部建共訳 法藏館 1999
  • グレゴリー・ショペン『大乗仏教興起時代インドの僧院生活』春秋社 2000

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『真宗の往生論』著者紹介