小谷正雄

日本の物理学者
Kotani Masao, London 1952

小谷 正雄(こたに まさお、1906年1月14日 - 1993年6月6日)は、日本の分子物理学者、生物物理学者。理学博士東京大学東京理科大学名誉教授、東京理科大学元学長。京都府京都市生まれ。

経歴編集

田艇吉の二男哲と、柏原銀行頭取柏原町長を務めた小谷保太郎の長女ふきの子として生まれる。父が小谷家に婿養子に入ったため、小谷姓を名乗った。田村憲造の長女八重と結婚し、子には学習院大学理学部教授を務めた小谷正博

1929年東京帝国大学理科大学物理学科を卒業。東京帝国大学工学部講師、理学部助教授・教授、京都大学兼任教授、東京大学理学部長、大阪大学基礎工学部教授を歴任。1960年より20年にわたって東京理科大学学長を務め、量子力学磁電管理論、配位子場理論生体高分子の研究などで業績を上げた。明仁上皇の教育係を務めた。

略歴編集

参考文献編集

  • 大野公男「小谷正雄先生を偲ぶ」『日本物理學會誌』第48巻第11号、日本物理学会、1993年、 911-912頁、 NAID 110002066185
  • 小谷正雄先生の物理学への貢献をふりかえって」『日本物理學會誌』第49巻第6号、日本物理学会、1994年。

外部リンク編集