メインメニューを開く

小豆沢

東京都板橋区の町名
日本 > 東京都 > 板橋区 > 小豆沢

小豆沢(あずさわ)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は小豆沢一丁目~四丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は174-0051[2]

小豆沢
—  町丁  —
小豆沢公園河岸広場からの新河岸川と東北新幹線列車
小豆沢の位置(東京23区内)
小豆沢
小豆沢
小豆沢の位置
座標: 北緯35度46分42.31秒 東経139度41分52.58秒 / 北緯35.7784194度 東経139.6979389度 / 35.7784194; 139.6979389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 志村地域
面積
 - 計 0.874km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 15,692人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 174-0051[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

目次

地理編集

東京都板橋区北東部に位置する。北端で新河岸川に接する。北で新河岸川を隔てて北区浮間、東で北区赤羽北および桐ヶ丘、南で北区赤羽西および蓮沼町、西で志村、北西で東坂下と隣接する。東辺および北辺をもって板橋区 - 北区境を形成する。新河岸川対岸の北区浮間とは、新河岸大橋で連絡されている。北辺で都道311号環状八号線(環八通り)、西辺で国道17号中山道が通じている。

地形編集

武蔵野台地成増台の高台と、荒川低地の沖積層の境目にあたる。区の中央部を小豆沢から赤塚にかけてほぼ東西に横断する崖線(がいせん)の区内東端地域で、小豆沢公園を含む三丁目・四丁目の町域を通り、およそ20mの急峻な高低差に多くの坂道が作られている。

河川編集

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、小豆沢二丁目34-9の地点で352,000円/m2となっている[6]

歴史編集

廃藩置県実施前は武蔵国豊島郡小豆沢村。

沿革編集

  • 1602年慶長7年):徳川家康の命により、中山道が整備される。
  • 1604年(慶長9年):中山道に日本橋起点3里地点を示す志村一里塚が造られる。
  • 1871年明治4年)11月:浦和県から東京府に編入。大区小区制実施。
  • 1878年(明治11年):郡区町村編制法により北豊島郡が設置され、東京府北豊島郡小豆沢村となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日市制町村制施行により志村と合併、東京府北豊島郡志村大字小豆沢となる。
  • 1923年大正12年):王子(王志とも)乗合自動車商会(後に中山道乗合自動車を経て、戦後国際興業バスに統合)が、王子駅 - 志村戸田橋間の路線バス事業を開始。
    • 当時の中山道は、志村大字志に含まれていた。停留所については志村を参照。
    • 1930年代には、他に板橋乗合自動車(後に東都乗合自動車、戦後は国際興業バスに統合)が志村飯田屋前 - 赤羽駅 - 志茂間の路線を運行、小豆沢停留所が設置されていた。
  • 1925年(大正14年):1923年9月1日に発生した関東大震災後の帝都復興計画に伴い、東京都市計画区域内における市街地建築物法による住居・商業・工業地域の指定変更が行われる。北豊島郡志村全域が工業地域内甲種特別地区に指定され、化学薬品工場・危険物取扱工場の設立が可能になる。[7][8]
  • 1928年昭和3年):大日本セルロイド株式会社(現・株式会社ダイセル)東京工場でフィルム試験場を開設。1932年に映画用ポジフィルムを開発する。
  • 1929年(昭和4年):志村大字小豆沢にオリエンタル酵母工業株式会社創設。国内初の製パン酵母の製造を開始。
  • 1932年(昭和7年)10月1日:板橋区発足により、東京府東京市板橋区志村小豆沢町となる(1943年8月1日 東京都制施行)。
  • 1933年(昭和8年)~ 1935年(昭和10年):中山道拡幅・新道(国道17号)建設工事が行われる。[9]
  • 1944年(昭和19年):都電志村線開通、小豆沢町および志村(後の志村坂上)停留場開設。
  • 1946年(昭和21年):志村警察署開設。
  • 1947年(昭和22年):志村小豆沢町が、(旧)小豆沢一丁目~四丁目に分かれる。
  • 1956年(昭和31年):板橋中央医院(現・板橋中央総合病院)開院。日本住宅公団が、板橋区初の賃貸団地として小豆沢住宅を建設する。
  • 1961年(昭和36年)5月1日:志村小豆沢町の一部を蓮沼町、泉町、大原町に編入。
  • 1962年(昭和37年)3月1日:志村小豆沢町の一部を前野町二丁目に編入。
  • 1964年(昭和39年)10月7日:第18回オリンピック東京大会聖火が中山道を通り、志村警察署前に走者中継点が設置される。
  • 1966年(昭和41年)1月1日:住居表示実施により、(旧)小豆沢一丁目~四丁目および(旧)志村町一丁目~三丁目の中山道以東地域が(新)小豆沢一丁目~四丁目に再編される。
  • 1966年(昭和41年)5月28日:都電志村線廃止(最終運行日)。
  • 1967年(昭和42年):板橋区立プール開設。
  • 1968年(昭和43年):区立体育館(小豆沢体育館)開設。
  • 1968年(昭和43年)12月27日都営地下鉄6号線開通、志村坂上駅開業。
  • 1969年(昭和44年):ダイセル東京工場閉鎖。
    • 跡地には「小豆沢ガーデンスポーツクラブ」が建設される。
  • 1989年平成元年):薬師の泉が板橋区により庭園として整備される。
  • 2007年(平成19年):小豆沢ガーデン閉館。
  • 2010年(平成22年):小豆沢ガーデン跡地にショッピングモール「セブンタウン小豆沢」開業。

地名の由来編集

いくつかの説があるが、小豆(あずき)を積んでいた船が沈んで、その小豆が川の水面に浮かび、小豆の澤のように見えたことから小豆澤(後に小豆沢)と呼ばれるようになったという説が有力である。「小豆澤村は往昔、荒川の入り江に傍って七々子崎と唱へし、わずかの湊なり、平将門東国を押領せし頃、貢物の小豆を積来り船この江に沈しかば、此の名は起これり」[10]。源義家が勧請した十二天社はこの地名を採り、小豆澤神社となった。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
小豆沢一丁目 2,370世帯 4,869人
小豆沢二丁目 2,629世帯 5,347人
小豆沢三丁目 918世帯 1,629人
小豆沢四丁目 2,076世帯 3,847人
7,993世帯 15,692人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

丁目 番地 小学校 中学校
小豆沢一丁目 2~16番 板橋区立志村第二小学校 板橋区立志村第二中学校
1番
17~23番
板橋区立志村第四小学校
小豆沢二丁目 1~11番
20~36番
12~19番 板橋区立志村第二小学校
小豆沢三丁目 全域 板橋区立志村第四小学校
小豆沢四丁目 全域

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 国際興業バス ※出入庫に伴う区間運行系統は特記しているものを除き省略。
    • 志村坂上区民事務所・小豆沢二丁目:赤56 赤羽駅西口行き・高島平操車場行き
    • 志村四小・小豆沢住宅・志村二中:赤56 赤羽駅西口行き・高島平操車場行き、赤54 赤羽駅西口始発桐ヶ丘循環(桐ヶ丘高校経由)、赤54-1 赤羽駅西口始発桐ヶ丘循環(体育館経由)
    • 小豆沢公園・小豆沢通り:赤01 赤羽駅西口行き・平和台駅経由練馬駅行き、赤02 赤羽駅西口行き・成増駅北口行き
    • 志村一里塚・小豆沢:池20 池袋駅西口行き・高島平操車場行き、池21 池袋駅西口行き・舟渡町経由高島平駅行き
    • 小豆沢一丁目:赤53 ときわ台駅行き・西が丘経由赤羽駅西口行き
    • 志村一丁目:赤53 ときわ台駅行き・西が丘経由赤羽駅西口行き
      • ときわ台駅行きの停留所は中山道交差点の東側(赤羽駅寄り)に設置されているが、中山道を渡った先の凸版印刷前にも停留所が追加された。いずれも停留所名は「志村一丁目」で、後者については車内で「志村一丁目・凸版印刷前」と案内している。赤羽駅行きの停留所は凸版印刷前のみで、中山道の東側には設置されていない。
      • 赤羽駅西口始発の蓮沼町循環(赤52系統、平日朝時間帯のみ運転)は、2013年3月15日限りで廃止された。
      • (参考)赤羽西六丁目:赤53系統ときわ台駅行き・赤56系統高島平操車場行き・赤54-1系統桐ヶ丘循環の停留所が小豆沢一丁目町域内に設置されている。赤羽駅方面の停留所は北区桐ヶ丘一丁目に設置されている。

航路編集

隅田川荒川を経由して、岩淵水門・千住・浅草・両国・越中島・お台場海浜公園浜離宮船の科学館葛西臨海公園などをめぐる。現在、「いちにちゆらり旅」コースとして毎月第3木曜日のみ運行。

道路・橋梁編集

施設編集

行政編集

  • 志村坂上区民事務所・地域センター管理事務所
  • 志村コミュニティホール
  • 小豆沢集会場
  • 小豆沢二丁目集会場
  • 志村警察署
  • 小豆沢交番

教育編集

福祉・介護編集

  • さかうえいこいの家
  • ハンドベル・ケア 東京店 - 介護用品販売

病院、医療機関、開業医等編集

  • 小豆沢病院
  • 板橋中央総合病院
  • 板橋セントラルクリニック
  • 小豆沢整形外科
  • 共助会医院
  • 水口歯科医院
  • 宗像歯科医院
  • 高山歯科医院
  • うえむらもときデンタルクリニック
  • イムス板橋リハビリテーション病院
  • 織田歯科医院
  • みどり薬局

公園・広場・スポーツ施設編集

  • 東原公園
  • 薬師の泉庭園
  • 小豆沢公園:園内に崖線が通り、北側では湧水もみられる。
  • 小豆沢体育館:1968年開館、2009年3月全面改修。
  • 小豆沢野球場
  • 小豆沢庭球場
  • 小豆沢プール:全面改修中。
  • 相撲場
  • 武道場
  • 和弓場
  • 小豆沢ガーデンスポーツ:2007年9月閉鎖。

金融編集

店舗編集

町会組織編集

  • 一丁目1番~17番:小豆沢一丁目町会
  • 一丁目12番~14番:志村町会
  • 一丁目15番~23番:小豆沢一丁目町会
  • 二丁目1番~11番:小豆沢二丁目町会
  • 二丁目12番~19番:志村町会
  • 二丁目20番~36番:小豆沢二丁目町会
  • 三丁目1番~4番:小豆沢緑町会(崖上)
  • 三丁目5番、6番:志村町会
  • 三丁目7番1号~23号:志村町会
  • 三丁目7番24号:志村五桜町会
  • 三丁目7番25~37号:志村町会
  • 三丁目8番:小豆沢緑町会(崖上)
  • 三丁目9番:小豆沢北町会(崖下)
  • 三丁目10番~12番:志村五桜町会
  • 四丁目1番~17番:小豆沢緑町会(崖上)
  • 四丁目18番~29番:小豆沢北町会(崖下)

企業編集

  • 一丁目
    • アステラス製薬株式会社 東京研究センター:2010年1月閉鎖。
    • 東京都プリプレス・トッパン株式会社:印刷組版、デジタルコンテンツ製作。凸版印刷の特例子会社。
    • 東洋印刷株式会社 本社工場:封筒印刷。
  • 二丁目
  • 三丁目
    • オリエンタル酵母株式会社 本社、東京食品研究所/東京工場
    • トーハツ株式会社 本社、東京工場 - 船外機消防ポンプの製造
    • 株式会社TJMデザイン 本社 - プロ向け工具・検知器等の製造。
    • 株式会社TJMダイネット 本社 - リフォーム施工等。
  • 四丁目
    • 株式会社トッパンプロスプリント 板橋工場(旧特許紙器):2008年4月移転、解体工事中
    • 財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)東京事業所

寺院・神社・教会編集

  • 総泉寺
  • 妙徳寺
  • 龍福寺
  • 小豆澤神社

史跡編集

  • 志村一里塚
  • 小豆沢貝塚

脚注編集

外部リンク編集