メインメニューを開く

沿革編集

  • 1953年(昭和28年)12月10日:小郡村(当時)の熱心な誘致活動により、鹿屋駐屯地から独立第535施設大隊が移駐し[1]保安隊小郡駐とん地として開設[2]
  • 1954年(昭和29年)
    • 1月25日:自動車教習所開設。
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[3]。独立第535施設大隊を第106施設大隊へ称号変更。
    • 9月25日:第2施設群を編成(群本部、本部中隊、第106施設大隊)。
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月25日:第108施設大隊が編成、第2施設群隷下に編入。
    • 4月1日:第108施設大隊が小郡から小倉駐屯地に移駐。
  • 1961年(昭和36年)8月17日:第5施設団編成完結。地区施設隊及び施設野整備隊を第5施設団に編合、第108施設大隊が飯塚駐屯地に移駐。
  • 1964年(昭和39年)
    • 3月26日:第317施設野整備隊が健軍駐屯地から移駐。
    • 8月12日:第3施設団第302架橋中隊が移駐し、団隷下に編合(後の第103施設器材隊の母体)。
  • 1966年(昭和41年)
    • 2月21日:飯塚駐屯地開設に伴い、第2施設群本部が同駐屯地に移駐。
    • 4月1日:第5施設団音楽隊発足。
  • 1973年(昭和48年)8月1日:第106施設大隊を基幹として第9施設群が新編(群本部、本部中隊、第323~325施設中隊、第305ダンプ車両中隊、第303施設器材中隊)。
  • 1976年(昭和51年)3月25日:第317施設野整備隊廃止。
  • 1981年(昭和56年)3月25日:第305ダンプ車両中隊を団直轄部隊に編成。
  • 1989年(平成元年)3月24日:第103施設器材隊に整備中隊を新編。
  • 2000年(平成12年)3月28日:第103施設器材隊隷下の整備中隊を廃止し、特殊器材中隊を編成。
  • 2005年(平成17年)3月28日:第9施設群を機能別中隊に改編。第323~第325、第345施設中隊、第303施設器材中隊を廃止。第373~第376施設中隊を新設。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第4施設群第303水際障害中隊が宇都宮駐屯地から移駐し、第9施設群隷下に編入。
  • 2013年(平成25年)3月26日:第9施設群第303水際障害中隊を団直轄部隊に編成替え。第9施設群第373施設中隊及び第374施設中隊を廃止し、第391施設中隊を新編。

駐屯部隊編集

西部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

  • 中央変電所(超高圧変電所)(朝倉郡筑前町
  • 熊本幹線(中央変電所から熊本変電所までの亘長81.29 km[4]の、50万Vの送電線路)
  • 佐賀幹線(西九州変電所から中央変電所までの亘長72.81 km[4]の、50万Vの送電線路)
  • 脊振幹線(中央変電所から脊振変電所までの亘長30.77 km[4]の、50万Vの送電線路)
  • 豊前西幹線(中央変電所から豊前変電所までの亘長42.06 km[4]の、50万Vの送電線路)
  • 西日本鉄道 筑紫車庫・筑紫工場(西鉄最大の車両基地・車両工場)(筑紫野市)
  • 鳥栖貨物ターミナル駅(九州地方の最重要物流拠点の1つ)(佐賀県鳥栖市・福岡県小郡市・福岡県久留米市)
  • 鳥栖流通業務団地(九州地方の最重要物流拠点の1つ)
  • 鳥栖ジャンクション(九州の最重要交通拠点の1つ)
  • 航空自衛隊脊振山分屯基地(レーダーサイト)

出典編集

  1. ^ 第5施設団HP 小郡駐屯地のあゆみ
  2. ^ 保安庁法施行令の一部を改正する政令(昭和28年政令第350号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1953年11月19日). 2017年7月15日閲覧。
  3. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 九州電力 (2015年4月30日). “第91期(平成26年度)有価証券報告書”. 2015年8月30日閲覧。

外部リンク編集