メインメニューを開く

小野寺 修二(おのでら しゅうじ、1966年9月19日 - )は、日本演出家振付家俳優マイムをベースに、舞台作品をつくる。「カンパニーデラシネラ」主宰。北海道出身。東京都在住。[1]

おのでら しゅうじ
小野寺 修二
本名 小野寺 修二
生年月日 (1966-09-19) 1966年9月19日(53歳)
出生地 北海道
血液型 B型
職業 演出家、振付家、俳優、パントマイミスト
ジャンル 舞台
公式サイト カンパニーデラシネラ 公式HP
備考
カンパニーデラシネラ主宰
テンプレートを表示

来歴編集

北見市出身。学生時代から演劇活動を始める。3年間の社会人生活を経た後、1994年、日本マイム研究所に入所。佐々木博康にマイムを師事する。同研究所に在所していた高橋淳、藤田桃子と共に、1995年、パフォーマンスシアター水と油を結成[2]。後に須賀令奈が加わり4名の体制となる。特定の人物が作・演出を務めるのでない共同制作のスタイルで、マイムの可能性を探る。水と油活動休止までの間に、海外9カ国22都市、国内22都市で公演を行う。2006年、水と油の活動を休止。カンパニー受賞歴として、東京都千年文化芸術祭優秀作品賞(2000年)、エディンバラ・フェスティバルフリンジ・ヘラルドエンジェル賞(2001年)、第二回朝日舞台芸術賞寺山修司・キリンダンスサポート賞(2003年)など。 2005年、愛・地球博トヨタグループ館パビリオンデーの総合演出を行う。 2006年9月より1年間、文化庁海外留学制度研修員[3]としてパリに滞在。帰国後、森下ベニサン・ピットにてダンス公演としては異例の53回公演『空白に落ちた男』(主演:首藤康之)を発表。その後、自身のセルフユニット、カンパニーデラシネラを立ち上げる。

近年は、振付・ステージングとしての活動も行っている。2010年、『叔母との旅』のステージング及び『ハーパー・リーガン』の振付けにて、第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞を受賞。

2015年12月15日~2016年1月27日、文化庁文化交流使(長期派遣型)としてベトナム、タイに滞在。[4]

ワークショップ活動も行う。[5][6]

受賞編集

  • 2000年 東京都千年文化芸術祭優秀作品賞、
  • 2001年 エディンバラ・フェスティバル・フリンジ・ヘラルドエンジェル賞
  • 2003年 第2回 朝日舞台芸術賞寺山修司賞・キリンダンスサポート賞
  • 2010年 第18回 読売演劇大賞最優秀スタッフ賞
  • 2016年「CoRich舞台芸術まつり!2016春」グランプリ受賞

主な作品編集

舞台演出作品編集

2008年
作品名 会場 出演者
1月 - 2月 空白に落ちた男 ベニサン・ピット 首藤康之、梶原暁子、藤田桃子、丸山和彰、小野寺修二
3月 『Xのフーガ』 神戸アートビレッジセンター 阿比留修一、伊藤晃、大熊隆太郎、坂口修一、藤田桃子、三谷和之、小野寺修二
4月 『隣人』 代官山「温室」 大庭裕介、藤田桃子、小野寺修二
8月 『Xのフーガ』 フランス、ポーランド 阿比留修一、伊藤晃、大熊隆太郎、坂口修一、藤田桃子、三谷和之、小野寺修二
12月 『ある女の家』 シアタートラム 浅野和之、河内大和、藤田桃子、小野寺修二


2009年
作品名 会場 出演者
3月 『あらかじめ』 青山円形劇場 有川マコト、佐藤亮介、藤田桃子、宮下今日子、小野寺修二
11月 『アジアンキッチン・東京編』 東京芸術劇場 森川弘和、藤田桃子
12月 点と線 川崎アルテリオ 佐藤亮介、鈴木美奈子、関寛之、藤田桃子、森川弘和、小野寺修二
2010年
作品名 会場 出演者
1月 『もう一つの話』 アメリカ(ニューヨークジャパンソサエティー 佐藤亮介、鈴木美奈子、藤田桃子、小野寺修二
1月 『もう一つの話』 多治見市文化会館 大ホール 佐藤亮介、鈴木美奈子、藤田桃子、小野寺修二
3月 『Xのフーガ‘10』 神戸アートビレッジセンター 福田転球、阿比留修一、升田 学、糸瀬公二、大熊隆太郎、藤田桃子、小野寺修二
7月 - 8月 空白に落ちた男 PARCO劇場 首藤康之安藤洋子藤田善宏コンドルズ)藤田桃子、小野寺修二
9月 異邦人 高知県立美術館 片桐はいり、田村一行(大駱駝艦)、藤田桃子、森川弘和、菅彩夏、手代木花野、小野寺修二
10月 異邦人 シアタートラム 片桐はいり、田村一行(大駱駝艦)、藤田桃子、森川弘和、菅彩夏、手代木花野、小野寺修二
10月 『Xのフーガ‘10』 スペイン 福田転球、阿比留修一、升田 学、糸瀬公二、大熊隆太郎、藤田桃子、小野寺修二
12月 『点と線』 北九州芸術劇場 佐藤亮介、鈴木美奈子、関寛之、藤田桃子、森川弘和、小野寺修二

[7]

2011年
作品名 会場 出演者
3月 『あらかじめ』 青山円形劇場 佐藤亮介、中山祐一朗、藤田桃子、宮下今日子、小野寺修二
6月 ジキル&ハイド 神奈川芸術劇場 大スタジオ 首藤康之
8月 - 9月 ロミオとジュリエット 高知県立美術館、世田谷ものづくり学校 大庭裕介、河内大和、斉藤悠、菅彩夏、藤田桃子、小野寺修二
11月 - 12月 SPAC

オイディプス

静岡芸術劇場 大高浩一、たきいみき、武石守正、舘野百代、仲谷智邦、藤田桃子、三島景太、森川弘和、吉見亮、渡辺敬彦
2012年
作品名 会場 出演者
2月 カラマーゾフの兄弟 新国立劇場兵庫県立芸術文化センター 浅野和之、森川弘和、河内大和、大庭裕介、川合ロン、江角由加、小野寺修二
4月 PLAY PARK 2012参加作品

『共犯』

CBGKシブゲキ!! 森山開次、森川弘和
5月 ロミオとジュリエット 東京都現代美術館 大庭裕介斉藤悠、菅彩夏、田村一行(大駱駝艦)、依田朋子、小野寺修二
8月 ゲーム 神奈川芸術劇場 大スタジオ 森川弘和、藤本強、渡邊絵理、藤田桃子、小野寺修二
9月 ダンストリエンナーレトーキョー2012参加

ロミオとジュリエット

こどもの城ピロティ 大庭裕介斉藤悠、菅彩夏、田村一行(大駱駝艦)、依田朋子、小野寺修二
10月 『日々の暮し方』 あうるすぽっと 南果歩中山祐一朗、山田悠介、川合ロン、藤田桃子、矢沢誠、吉村和顕、小野寺修二
11月 フェスティバル/トーキョー

『F/Tモブ』

池袋西口公園 大庭裕介、矢沢誠、渡邊絵里、一般参加者
2013年
作品名 会場 出演者
1月 カルメン 神戸アートビレッジセンター 片桐はいり、森川弘和、中川晴樹(ヨーロッパ企画)、きたまり、生駒里奈、エヴァンズ・ポール、大熊隆太郎、小島功義 斉藤直樹、角裕子、竹内英明、田中啓介、傳川光留、中島加奈子、花島令、星野哲也
2月 『異邦人』 世田谷パブリックシアター 片桐はいり、田村一行(大駱駝艦)、藤田桃子、森川弘和、菅彩夏、手代木花野、小野寺修二
3月 ゲーム フランス(パリ日本文化会館 片桐はいり、竹内英明、渡邊絵理、藤田桃子、小野寺修二
4月 瀬戸内国際芸術祭2013参加

人魚姫

豊島・男木島・女木島 南果歩、田村一行(大駱駝艦)、竹内英明、藤田桃子、小島功義、小野寺修二
7月 シレンシオ 東京芸術劇場 プレイハウス、サンケイホールブリーゼ 原田知世首藤康之、梶原暁子、川合ロン、藤田桃子、小野寺修二
8月 『鑑賞者』 あうるすぽっと 斉藤悠宮下今日子、小田直哉(大駱駝艦)、竹内英明、藤田桃子、南雲麻衣、山田真樹
10月 サイコ セルリアンタワー能楽堂 津村禮次郎鈴木ユキオ、竹内英明、川上友里、小野寺修二
12月 第2回東京ミドルシアター・フェスティヴァル「現代イプセン演劇祭」参加

『NORA』

あうるすぽっと 川口隆夫、竹内英明、傳川光留、中川晴樹、小野寺修二

[8]

2014年
作品名 会場 出演者
1月 『ある女の家』 新国立劇場 中劇場 浅野和之、河内大和、竹内英明、藤田桃子、小野寺修二
3月 『もう一つの話』 金沢市民芸術村 大庭裕介、傳川光留、藤田桃子
8月 新潟県佐渡市野外フェスティバル Earth Celebrationプレイベント「佐渡薪能公演」

サイコ

佐渡相川春日神社能舞台 津村禮次郎片桐はいり鈴木ユキオ、竹内英明、小野寺修二 和太鼓:小島功義 後見:傳川光留
9月 Dance New Air 2014 参加

『赤い靴』

青山円形劇場 片桐はいり、ソフィー・ブレック、藤田桃子
10月 ロミオとジュリエット 岡山市立旧内山下小学校 斉藤悠、菅彩夏、菊沢将憲、岸本昌也、竹内英明、藤田桃子、小野寺修二
10月 首藤康之 DEDICATED 2014 ~OTHERS~

ジキル&ハイド

神奈川芸術劇場 ホール 首藤康之
12月 SPAC

変身

静岡芸術劇場 伊比井香織、大高浩一、大庭裕介、貴島豪、榊原有美、鈴木真理子、たきいみき、武石守正、舘野百代、仲谷智邦、吉見亮
2015年
作品名 会場 出演者
3月 白い劇場シリーズ第一回公演

分身ドストエフスキー『二重人格』より〜

両国シアターX 荒井志郎、王下貴司、大庭裕介、京極朋彦、田中弘志、遠山悠介、野坂弘、久野祐希奈、崎山莉奈、仁科幸、花島令、浜田亜衣、増井友紀子
4月 六本木アートナイト2015

『ある夜の出来事』

国立新美術館1階ロビー 王下貴司、崎山莉奈、田中弘志、野坂弘、浜田亜衣
4月 白石加代子新企画

『笑った分だけ、怖くなる』vol.1

東京芸術劇場シアターウエスト、他 白石加代子佐野史郎
9月 北九州芸術劇場 Dance Dive2015 ダンスダイブウィーク「ショーケース」

『もう一つの話』

北九州芸術劇場 小劇場 王下貴司、竹内英明、藤田桃子
10月 犬島パフォーミングアーツ公演

『URA-SHIMA』

犬島海水浴場、「犬島精錬所美術館」敷地内近代化産業遺産 王下貴司、大庭裕介、竹内英明、田中博士、野坂 弘、藤田桃子、小野寺修二
11月 『鑑賞者』 アメリカ(ニューヨークジャパンソサエティー 斉藤悠宮下今日子、小田直哉(大駱駝艦)、竹内英明、藤田桃子、南雲麻衣、山田真樹
2016年
作品名 会場 出演者
1月 『もう一つの話』『ある夜の出来事』 ベトナム(青年劇場/Youth Theatre)、タイバンコク芸術文化センター 王下貴司、大庭裕介、崎山莉奈、藤田桃子、小野寺修二
3月 北九州芸術劇場リーディングセッションvol.26

『会議』

北九州芸術劇場 小劇場 内山拓央(I’S0)、王下貴司、大迫旭洋、小笠原萌、片山敦郎、北川結、五島真澄、崎山莉奈、高野由紀子、髙山力造、田崎小春、野中香織
3月 白い劇場シリーズ第二回公演

椿姫

「CoRich舞台芸術まつり!2016春」グランプリ受賞

両国シアターX 王下貴司、大庭裕介、野坂弘、斉藤悠、崎山莉奈、仁科幸、増井友紀子、菅彩美、鈴木奈菜
5月 - 8月 ロミオとジュリエット 東京芸術劇場 シアターイースト、他

文化庁巡回公演事業 北関東14小中学校

斉藤悠、崎山莉奈、王下貴司、大庭裕介、藤田桃子、小野寺修二
8月 パフォーマンスキッズ・トーキョー

ピノッキオ

狛江エコルマホール 小学2〜6年生の参加者、王下貴司、大庭裕介、崎山莉奈、仁科幸、増井友紀子
9月 東京芸術劇場”RooTSシリーズ”第四弾

『あの大鴉(おおがらす)、さえも』

東京芸術劇場 シアターイースト、他 小林聡美片桐はいり、藤田桃子
11月 - 12月 新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあプロデュース

『オフェリアと影の一座』

東京芸術劇場 プレイハウス、他 白石加代子、旺なつき、彩吹真央彩乃かなみ真瀬はるか舘形比呂一、フィリップ・エマール、大庭裕介、辻田暁、増井友紀子、藤田桃子、阿目虎南(大駱駝艦)、宮本正也(大駱駝艦
2017年
作品名 会場 出演者
2月 - 3月 高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2016

ドン・キホーテ

高知県立美術館ホール、高知県内4小中学校 大庭裕介、崎山莉奈、仁科幸、薬丸翔、藤田桃子、小野寺修二
2月 KAAT×小野寺修二

『WITHOUT SIGNAL!(信号がない!)』

KAAT神奈川芸術劇場 アトリウム Nguyen Thanh Cong、Nguyen Thi Can、Nung Van Minh、Nguyen Hoang Tung、Mai Thi Nhu Quynh、Bui Hong Phuong、王下貴司、崎山莉奈、辻田暁、仁科幸
3月 白い劇場シリーズ第三回公演

『小品集』

浅草九劇 王下貴司、大庭裕介斉藤悠、遠山悠介、野坂弘、崎山莉奈、辻田暁、仁科幸、増井友紀子
6月 新国立劇場 2016/2017シーズン

『ふしぎの国のアリス』

新国立劇場 小劇場 荒悠平、王下貴司、大庭裕介斉藤悠、崎山莉奈、仁科幸、藤田桃子、小野寺修二
6月 追手門学院高等学校 表現コミュニケーションコース 2期生卒業公演

『甘えの構造』

一心寺シアター倶楽 追手門学院高等学校 表現コミュニケーションコース2期生
8月 - 12月 ロミオとジュリエット いわき芸術文化交流館、他

文化庁巡回公演事業 近畿地方21小中学校

浅井浩介、荒悠平、大庭裕介、崎山莉奈、仁科幸、藤田桃子
9月 KAAT×小野寺修二

『WITHOUT SIGNAL!(信号がない!)』

KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ Nguyen Thi Can、Nung Van Minh、Nguyen Hoang Tung、Bui Hong Phuong、荒悠平、王下貴司、崎山莉奈、仁科幸
10月 - 12月 白石加代子女優生活50周年記念公演

『笑った分だけ、怖くなるvol.2』

あうるすぽっと、他 白石加代子佐野史郎
11月 - 12月 SPAC

変身

静岡芸術劇場 大高浩一、貴島豪、榊原有美、鈴木真理子、たきいみき、武石守正、舘野百代、野口俊丞、宮城嶋遥加、吉見亮

[9]

2018年
作品名 会場 出演者
3月 分身』〜ドストエフスキー『二重人格』より〜 世田谷パブリックシアター 王下貴司、辻田暁、名児耶ゆり、宮河愛一郎、宮崎吐夢、伊吹卓光、植田崇幸、大樹桜、田中美甫、遠山悠介、友野翔太、豊島勇士、浜田亜衣
3月 『椿姫』 世田谷パブリックシアター 崎山莉奈、野坂弘、斉藤悠大庭裕介、増井友紀子、仁科幸、菅彩美、宮原由紀夫、牟田のどか
3月 『WITHOUT SIGNAL!(信号がない!)』 ベトナム(青年劇場/Youth Theatre) Nguyen Thi Can、Nung Van Minh、Nguyen Hoang Tung、Bui Hong Phuong、王下貴司、崎山莉奈、仁科幸、荒悠平、大庭裕介
5月 六本木アートナイト2018

『12:47』

東京ミッドタウン プラザ1階、他 崎山莉奈
6月 NAPPOS PRODUCE

『斜面』

東京芸術劇場 シアターウエスト 首藤康之、王下貴司、雫境、藤田桃子、小野寺修二
7月 SPAC

『変身』(『變形記』)

中国大戯院 大高浩一、貴島豪、榊原有美、鈴木真理子、たきいみき、武石守正、舘野百代、野口俊丞、宮城嶋遥加、吉見亮
10月 現代能楽集Ⅸ

『竹取』

シアタートラム、他 小林聡美貫地谷しほり

小田直哉(大駱駝艦)、崎山莉奈、藤田桃子、古川玄一郎(打楽器奏者) / 佐野登(能楽師 宝生流シテ方)

11月 - 12月 『ドン・キホーテ』 穂の国とよはし芸術劇場、他

文化庁巡回公演事業 九州地方20小中学校

大庭裕介、崎山莉奈、雫境、鉾久奈緒美(大駱駝艦)、伊吹卓光、藤田桃子
11月 北とぴあ国際音楽祭2018オペラ

『ウリッセの帰還』

北とぴあ さくらホール 管弦楽:レ・ボレアード(オリジナル楽器使用)

パフォーマー:辻田暁、遠山悠介

歌手:エミリアーノ・ゴンザレス=トロ、湯川亜也子、クリスティーナ・ファネッリ、ケヴィン・スケルトン、櫻田 亮、フルヴィオ・ベッティーニ、マチルド・エティエンヌ、眞弓創一、波多野睦美、上杉清仁、広瀬奈緒、谷口洋介、阿部早希子、渡辺祐介、中嶋俊晴、福島康晴、小笠原美敬

12月 日台プロジェクト 演劇でアジアを繋ぐ2018

『夢の物語』

山吹ファクトリー 崎山莉奈、敷地理、大庭裕介(日本)

チョウ・チュウポン、リウ・ジュイチュー、チョウ・クアンジョウ、チェン・ ユーディエン(台湾)

[10][11][12][13]

2019年
作品名 会場 出演者
2月 横浜ダンスコレクション2019

『見立てる』

横浜にぎわい座 のげシャーレ 大庭裕介、崎山莉奈、藤田桃子、小野寺修二
3月 日越国際共同製作作品 KAAT×小野寺修二

『WAITING FOR THE SIGNAL! 《信号待ち!》』

KAAT神奈川芸術劇場 1F〈アトリウム〉 Nung Van Minh(ベトナム)

崎山莉奈、大庭裕介、藤田桃子

3月 岡山芸術創造劇場(仮称)プレ事業「ひと・まち・つくるプロジェクト」

街頭劇「まち歩きシアター」

岡山市栄町の商店街、他 大庭裕介、崎山莉奈、藤田桃子、小野寺修二、姜侖秀
9月 ジョルジュ・ルオー展×小野寺修二『眼差しの先で』 いわき市立美術館 ロビー&ジョルジュ・ルオー展 展示室内 大庭裕介、崎山莉奈、藤田桃子、小野寺修二、いわき市の中高校生

振付・ステージング参加作品編集

2008年編集

12月 『大いなる遺産』 新潟りゅーとぴあ 演出:栗田芳宏

2009年編集

9月 『トリツカレ男』天王洲銀河劇場、他 演出:土田英生 出演:坂元健児原田郁子クラムボン)、他

9月 - 10月 『中国の不思議な役人PARCO劇場 演出:白井晃、出演:平幹二朗秋山菜津子岩松了、他

2010年編集

6月 『音波少年』青山円形劇場 出演:coba、小野寺修二他

8月 - 9月 『叔母との旅』青山円形劇場 演出:松村武 出演:段田安則浅野和之高橋克実鈴木浩介

9月 『ハーパー・リーガン』PARCO劇場 演出:長塚圭史 出演:小林聡美山崎一美波福田転球木野花、他

11月 『現代能楽集V』シアタートラム 演出:倉持裕 出演:岡本健一久世星佳ベンガル西田尚美、他

2011年編集

1月 - 2月 『金閣寺神奈川芸術劇場、他 演出:宮本亜門 出演:森田剛高岡蒼甫大東俊介中越典子大駱駝艦、他

5月 - 6月 ナイロン100℃黒い十人の女青山円形劇場 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演:みのすけ峯村リエ松永玲子村岡希美中越典子小林高鹿奥村佳恵緒川たまき、他

6月 - 7月 『幽霊たちPARCO劇場、他 演出:白井晃 出演:佐々木蔵之介市川実日子、有川マコト、細見大輔斉藤悠原金太郎奥田瑛二

7月 リンカーンセンター・フェスティバル招聘公演『金閣寺』アメリカ(リンカーンセンター

2012年編集

1月 - 2月 『金閣寺赤坂ACTシアター梅田芸術劇場

4月 『彼女の言うことには。』PARCO劇場、他 作:北川悦吏子 演出:永山耕三 出演:真矢みき筒井道隆矢田亜希子、他

8月 『ソングス・フォー・ア・ニュー・ワールド』シアタークリエ、他 演出:田尾下哲、出演:浦井健治昆夏美濱田めぐみ米倉利紀

8月 『叔母との旅』再演 青山円形劇場

11月 『こどもの一生』PARCO劇場、他 演出:G2、出演:谷原章介中越典子笹本玲奈山内圭哉戸次重幸、玉置玲央、鈴木砂羽吉田鋼太郎

12月 『魔女とたまごとお月様』シアターΧ 作:別役実 演出:國峰眞 出演:石住昭彦、谷川清美、高橋理恵子、他

2013年編集

1月 『詭弁・走れメロス』銀座博品館劇場 演出:松村武 出演:武田航平山下翔央新垣里沙、他

4月 『耳なし芳一』KAAT神奈川芸術劇場 演出:宮本亜門 出演:山本裕典安倍なつみ大駱駝艦、他

9月 『かもめBunkamura シアターコクーン 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演:生田斗真 蒼井優 野村萬斎 大竹しのぶ、他

2014年編集

4月 『金閣寺赤坂ACTシアター 演出:宮本亜門 出演:柳楽優弥、水橋研二、水田航生市川由衣大駱駝艦、他

7月 『ブラック メリー ポピンズ世田谷パブリックシアター 脚本・作詞・音楽:ソ・ユンミ 演出:鈴木裕美 上演台本:田村孝裕 出演:音月桂小西遼生良知真次上山竜司一路真輝

2015年編集

3月 『話しグルマ』穂の国とよはし芸術劇場 主ホール 構成・演出:近藤芳正

7月 『ペール・ギュント神奈川芸術劇場 ホール 原作:ヘンリック・イプセン 構成・演出:白井晃 翻訳・上演台本:谷賢一 音楽:スガダイロー 出演:内博貴藤井美菜加藤和樹堀部圭亮橋本淳三上市朗前田美波里、他

9月 KERA・MAP#006『グッドバイ』世田谷パブリックシアター、他 脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 原作:太宰治 出演:仲村トオル小池栄子水野美紀夏帆門脇麦町田マリー緒川たまき萩原聖人池谷のぶえ野間口徹山崎一

10月 赤堀雅秋×シアターコクーン第二弾『大逆走』Bunkamuraシアターコクーン 作・演出:赤堀雅秋 出演:北村一輝大倉孝二池田成志吉高由里子峯村リエ趣里冨浦智嗣三村和敬濱田マリ大鷹明良秋山菜津子、他

2016年編集

4月『詭弁 走れメロス』シアターサンモール、他 原案・原作:森見登美彦 劇作・脚本・演出:松村武 出演:武田航平中村優一新垣里沙、荒谷清水、小手伸也、小林至、高木俊上田悠介市川しんぺー、他

5月 - 6月 『ブラック メリー ポピンズ世田谷パブリックシアター、他 脚本・作詞・音楽:ソ・ユンミ 演出:鈴木裕美 上演台本:田村孝裕 出演:中川翔子小西遼生良知真次上山竜司一路真輝

11月 - 12月 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007『キネマと恋人』シアタートラム、他 台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演:妻夫木聡緒川たまきともさかりえ三上市朗、佐藤誓、橋本淳、尾方宣久、廣川三憲村岡希美、崎山莉奈、王下貴司、仁科幸、北川結、片山敦郎[14]

2017年編集

3月 青蛾館『寺山音楽劇「中国の不思議な役人」~40th special performance』東京芸術劇場 シアターウエスト 作:寺山修司 構成・演出:松村武 出演:若松武史石井愃一池田有希子明星真由美宮下今日子、のぐち和美、他

2018年編集

3月 人形劇団プーク『エルマーのぼうけん』紀伊国屋ホール、他 原作:R.S. ガネット 脚色:川尻泰司 演出:柴崎喜彦 出演:岡本和彦、大橋友子、市橋亜矢子、栗原弘昌、川尻麻美夏、亀井佑子、有田智也、長瀬円美、小立哲也、渡辺千尋

11月 - 12月 2018 PARCO PRODUCE ”三島 × MISHIMA “ 『 豊饒の海』紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYA、他 原作:三島由紀夫 脚本:長田育恵 演出:マックス・ウェブスター 出演:東出昌大宮沢氷魚上杉柊平大鶴佐助神野三鈴初音映莉子大西多摩恵篠塚勝、宇井晴雄、王下貴司、斉藤悠、田中美甫、首藤康之笈田ヨシ

2019年編集

6月 - 7月 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009『キネマと恋人』世田谷パブリックシアター、他 台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演:妻夫木聡緒川たまきともさかりえ三上市朗、佐藤誓、橋本淳、尾方宣久、廣川三憲村岡希美、崎山莉奈、王下貴司、仁科幸、北川結、片山敦郎

11月 - 12月 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ドクター・ホフマンのサナトリウム ~カフカ第4の長編~』KAAT神奈川芸術劇場、他 台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演:多部未華子瀬戸康史音尾琢真大倉孝二村川絵梨谷川昭一朗、武谷公雄、吉増裕士、菊池明明、伊与勢我無、犬山イヌコ緒川たまき渡辺いっけい麻実れい、王下貴司、菅彩美、斉藤悠、仁科幸

11月 - 2020年1月 シス・カンパニー公演 日本文学シアターVol.6 【坂口安吾】 『風博士』世田谷パブリックシアター、他 作:北村想 演出:寺十吾 出演:中井貴一段田安則吉田羊趣里林遣都松澤一之渡辺えり内藤裕志大久保祥太郎

映画・映像 振付編集

PV 振付編集

CM 振付編集

  • 資生堂CM UNOフォグバー
  • Panasonic CM デジタルビデオカメラ 愛情サイズ

舞台出演作品編集

2014年編集

2月 『サニーサイドアップ』本多劇場 演出:ノゾエ征爾 出演:荒川良々赤堀雅秋、小野寺修二、町田水城、竹口龍茶、富川一人、山口航太、ノゾエ征爾

6月 『赤鬼』こどもの城 青山円形劇場 作:野田秀樹 演出:中屋敷法仁 出演:黒木華柄本時生玉置玲央、小野寺修二、竹内英明、傅川光留、寺内淳志

2015年編集

映画『躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像』新宿 K’s cinema他 監督:三宅流 出演:津村禮次郎、小尻健太、酒井はな森山開次平原慎太郎、小野寺修二、Ni Wayan Sekariani

8月 『気づかいルーシー』東京芸術劇場 シアターイースト、他 原作:松尾スズキ千倉書房「気づかいルーシー」) 脚本・演出:ノゾエ征爾 演奏:田中馨、森ゆに 出演:岸井ゆきの栗原類、川上友里(はえぎわ)、山口航太(はえぎわ)、山中崇、小野寺修二

2017年編集

7月 『気づかいルーシー』再演 東京芸術劇場 シアターイースト、他

映像出演作品編集

2017年編集

8月 NHK EテレTECHNE-テクネ映像の教室- 監督:野村律子

出典・脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.536
  2. ^ 日本人名大辞典. “小野寺修二”. 2019年1月17日閲覧。
  3. ^ 文化庁. “平成27年度文化庁文化交流使(長期派遣型)2015”. 2019年1月17日閲覧。
  4. ^ dancedition. “小野寺修二 ダンサーズヒストリー”. 2019年1月17日閲覧。
  5. ^ 芸術家と子どもたち. “参加アーティスト”. 2019年1月17日閲覧。
  6. ^ いわき芸術文化交流館アリオス. “小野寺修二 身体ワークショップ・2017.9”. 2019年1月17日閲覧。
  7. ^ シアタービューフクオカ. “カンパニー・デラシネラ「点と線」小野寺修二インタビュー2010.12”. 2019年1月17日閲覧。
  8. ^ 産経新聞2013.6.29. “舞台「シレンシオ」小野寺修二、首藤康之、原田知世・静寂から生まれる世界”. 2019年1月17日閲覧。
  9. ^ 神奈川芸術劇場. “『WITHOUT SIGNAL!(信号がない)2017.9”. 2019年1月17日閲覧。
  10. ^ confetti. “小野寺修二×若手「白い劇場」シリーズ待望の再演 2018.3”. 2019年1月17日閲覧。
  11. ^ 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター. “(ハノイ)ノンバーバル・シアター公演 日越共同制作 小野寺修二演出『Without Signal!』2018.3”. 2019年1月17日閲覧。
  12. ^ NAPPOS. “『斜面』2018.6”. 2019年1月17日閲覧。
  13. ^ cinra. “野村萬斎×小野寺修二対談 古典『竹取物語』を現代に蘇らせる 2018.8”. 2019年1月17日閲覧。
  14. ^ 世田谷パブリックシアター. “「小野寺修二」”. 2019年1月17日閲覧。

 

外部リンク編集