メインメニューを開く
小野寺長治郎

小野寺 長治郎(おのでら ちょうじろう、1875年明治8年)3月24日[1] - 1939年昭和14年)2月7日[2])は、日本の陸軍軍人。階級は陸軍主計中将貴族院議員

目次

経歴編集

宮城県出身。1905年(明治38年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した後、1907年(明治40年)に陸軍二等主計に任官した[3]陸軍経理学校教官、陸軍省経理局主計課長、陸軍被服本廠長、陸軍経理学校校長、陸軍省経理局長を歴任[3]1933年(昭和8年)、陸軍主計総監となり、翌年には陸軍兵器本廠附となった[3]1934年(昭和9年)8月2日、依願により予備役に編入[4]

1937年(昭和12年)、貴族院議員に勅選された[5]

位階編集

脚注編集

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』195頁。
  2. ^ 『官報』第3629号、昭和14年2月10日
  3. ^ a b c 『人事興信録』
  4. ^ 『官報』第2277号、昭和9年8月3日。
  5. ^ 『官報』第3006号、昭和12年1月13日
  6. ^ 『官報』第2129号「叙任及辞令」1934年2月8日。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1937年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。