小野市詩歌文学賞

小野市詩歌文学賞(おのししいかぶんがくしょう)は、兵庫県小野市が行っている文学賞。同市出身の歌人上田三四二にちなみ、三四二の没後20周年にあたる2009年に創設[1]。前年度に出版された詩歌作品の中から優れたものを顕彰する。当初は短歌俳句の三部門が選出されていたが、途中から詩部門が選ばれなくなった。

選考は、前年に刊行された作品からアンケートを参考としつつ、選考委員(馬場あき子宇多喜代子永田和宏)により選ばれる。受賞者の発表は4月頃、授賞式は6月頃。

受賞一覧編集

短歌部門 俳句部門 詩部門
第1回 平成21年 岡井隆 『ネフスキイ』 広瀬直人 『風の空』 三井葉子 『句まじり詩集 花』
第2回 平成22年 河野裕子 『葦舟』 金子兜太 『日常』 山本楡美子 『森へ行く道』
第3回 平成23年 小池光 『山鳩集』 八田木枯 『鏡騒』 水野るり子 『ユニコーンの夜に』
第4回 平成24年 花山多佳子 『胡瓜草』 小檜山繁子 『坐臥流転』 岬多可子 『静かに、毀れている庭』
第5回 平成25年 高野公彦 『河骨川』、伊藤一彦 『待ち時間』 友岡子郷 『黙礼』 該当無し
第6回 平成26年 小島ゆかり 『純白光 短歌日記2012』 高野ムツオ 『萬の翅』  ―
第7回 平成27年 坂井修一 『亀のピカソ 短歌日記2013』 大峯あきら 『短夜』  ―
第8回 平成28年 米川千嘉子 『吹雪の水族館』 西村和子 『椅子ひとつ』  ―
第9回 平成29年 吉川宏志 『鳥の見しもの』 茨木和生 『熊樫』  ―
第10回 平成30年 川野里子 『硝子の島』 櫂未知子 『カムイ』  ―
第11回 平成31年 栗木京子 『ランプの精』 岡田一実 『記憶における沼とその他の在処』  ―
第12回 令和2年 大口玲子 『ザベリオ』 原満三寿 『風の図譜』  ―

脚注編集

  1. ^ 小野市詩歌文学賞:明石・友岡さんらに 県内初、俳句部門で /兵庫 毎日新聞 2013年04月06日 地方版[1]

外部リンク編集