メインメニューを開く

小野 幹雄(おの もとお、1931年3月16日 - )は、日本の最高裁判所判事

概要編集

少年時代は父親の任地の樺太に住み、戦後に引き揚げてから家計を助けるなど苦労を重ねた[1]。中央大学在学中に司法試験に合格[1]。司法修習は第7期。1955年4月に裁判官となる。刑事が専門で、裁判現場が長い一方で、最高裁刑事局長や大津地裁所長や司法研修所所長や大阪高裁長官を歴任した[1]

1992年2月13日に最高裁判所裁判官に就任[1]

1995年8月に定年退官。

脚注編集

  1. ^ a b c d 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)102頁