メインメニューを開く

小野恵子

小野 恵子(おの けいこ、1949年10月3日[2] - )は、日本の元女優。本名、森藤 恵子[1](旧姓名は芸名と同じ[2][3])。

おの けいこ
小野 恵子
本名 森藤 恵子
生年月日 (1949-10-03) 1949年10月3日(69歳)
出生地 日本の旗, 東京都
身長 154 cm[1]
ジャンル 女優
著名な家族 森藤恵美
主な作品
テレビドラマ
彦左と一心太助
ウルトラマンタロウ

東京都出身[2][3]。長女はフリーアナウンサー森藤恵美[4]。1971年当時は明治学院大学に在籍していた[3][5]

目次

来歴・人物編集

幼少時より時代劇の娘役に憧れ、8歳より東映児童演技研修所に所属する[2][5][6]1969年ビール会社のCMに出演したことで注目され、同年放送のテレビドラマ安ベエの海』と『彦左と一心太助』にレギュラー出演[6]。以降、昼ドラ女の坂道』『終着駅』で主演を務めるなどテレビドラマを中心に活動した[2]1973年、『ウルトラマンタロウ』第20話より白鳥さおりを演じた[7]

1977年に写真製版会社の社長である男性と結婚[8]。その後、子宮頸がんおよび突発性難聴を発症したため1984年に芸能界を引退[8]2018年TBSバラエティ番組爆報! THE フライデー』に34年ぶりにテレビ出演した[8]

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • はだかっ子(1961年、東映) - 山崎静江
  • 若さま侍捕物帖 お化粧蜘蛛(1962年、東映) - おりよう
  • 宮本武蔵 一乗寺の決斗(1964年、東映) - りん弥
  • 廓育ち(1964年、東映) - たみ子(少女時代)
  • バツグン女子高校生 16才は感じちゃう(1970年、東宝) - 東かおり
  • バツグン女子高校生 そっとしといて16才(1970年、東宝) - 東かおり
  • 女子学園 悪い遊び(1970年、日活) - 生徒
  • 女子学園 ヤバい卒業(1970年、日活) - 島崎純子

その他のテレビ番組編集

出典編集

  1. ^ a b 日本タレント名鑑'80』 VIPタイムズ社、1979年、252頁。
  2. ^ a b c d e 『福島民報』1975年3月8日付朝刊、9面。
  3. ^ a b c 『福島民報』1971年9月18日付朝刊、8面。
  4. ^ 「お母さんの小野恵子」森藤恵美の♪247〜twenty4seven〜♪ 2018年2月16日。- アメーバブログ
  5. ^ a b c 『福島民報』1971年9月10日付朝刊、5面。
  6. ^ a b 『毎日新聞』1970年1月18日付朝刊、23面。
  7. ^ 『快傑ズバット大全』 ブレインナビ 編、双葉社2002年、127頁。ISBN 978-4575293715
  8. ^ a b c 「ウルトラマンタロウのヒロイン 34年ぶりTV出演 十年以上の闘病、涙で明かす」 デイリースポーツ 2018年2月16日。
  9. ^ 『朝日新聞』1969年11月3日付朝刊9面、ラジオ・テレビ欄。
  10. ^ 『読売新聞』1972年5月1日 - 1972年9月1日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク編集