メインメニューを開く

小野 朝直(おの ともなお)は、戦国時代武将遠江国引佐郡井伊谷の人。

 
小野朝直
Grave of ONO Tomonao at Ryotanji.jpg
龍潭寺境内の墓碑
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄3年5月19日1560年6月12日
別名 玄蕃[1]通称
墓所 龍潭寺静岡県浜松市北区
主君 井伊直盛
氏族 称・小野氏
父母 父:小野政直
兄弟 道好朝直
奥山朝利の娘
朝之[2]

目次

人物編集

遠江国引佐郡井伊谷を治める井伊直盛家老を務めた小野政直の子。小野道好の弟。父と兄は家老でありながら井伊家を裏切った奸臣として知られるが、朝直は生涯井伊家につく。井伊直親正室と同じく、奥山朝利の娘と結婚した[1][2]。後に子・亥之助[1]朝之[2])が誕生した。1560年永禄3年)、井伊家の当時の主家である今川家尾張侵攻に従軍するが、桶狭間の戦いで井伊直盛らとともに討死した[1][2]

登場する作品編集

参考文献編集

  • 『小野氏系図』(龍潭寺所蔵)
  • 梓澤要『城主になった女 井伊直虎』NHK出版。
  • 『NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全ガイドブック』 TOKYO NEWS MOOK

脚注編集

  1. ^ a b c d 『井伊年譜』より
  2. ^ a b c d 楠戸義昭『この一冊でよくわかる! 女城主・井伊直虎』(PHP文庫、2016年、144,149,225頁)

関連項目編集