小野沢 愛子(おのざわ あいこ、1945年8月19日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。メキシコオリンピック銀メダリスト。

小野沢 愛子
Aiko Onozawa
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1945-08-19) 1945年8月19日(72歳)
出身地 神奈川県津久井郡中野町(現相模原市緑区
ラテン文字 Aiko Onozawa
身長 170cm
体重 64kg
選手情報
ポジション センター
 
獲得メダル
オリンピック
1968 女子バレーボール
世界選手権
1967 女子バレーボール
1970 女子バレーボール
テンプレートを表示

目次

来歴編集

神奈川県津久井郡中野町(現相模原市緑区)出身。高身長だったため、先生の強い勧めで中学1年よりバレーボールを始める。中学時代には陸上競技大会の砲丸投げで全国10位入賞の経験がある。

高校は県内強豪校の京浜女子商業高校に進学し、1961年の秋田国体3位入賞に貢献した。卒業後は実業団のヤシカに入部する。

1967年度の第1回日本リーグでは、スパイク賞とブロック賞を獲得し、ヤシカは準優勝ながら最優秀選手に選出された。

1967年に全日本メンバーに選出され、同年の世界選手権優勝、1968年のメキシコオリンピック準優勝に貢献した。

同じバレーボール選手の古川牧子は義妹。

球歴編集

  • 所属チーム履歴
町立中野中学京浜女子商業高校ヤシカ(1964 - 1971年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1967年 - 第1回日本リーグ 最優秀選手賞、スパイク賞、ブロック賞、ベスト6
    • 1968年 - 第2回日本リーグ ブロック賞
    • 1969年 - 第3回日本リーグ レシーブ賞、ベスト6

参考文献編集

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年3月号 42-47ページ

外部リンク編集