メインメニューを開く
 
小野田守
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上刑部少輔
主君 聖武天皇孝謙天皇淳仁天皇
氏族 小野氏
父母 父:小野毛野
兄弟
テンプレートを表示

小野 田守(おの の たもり)は、奈良時代貴族。名は淡理とも表記される。系譜は明らかでないが、一説では中納言小野毛野の子[1]官位従五位上刑部少輔

経歴編集

聖武朝天平2年(730年大宰帥大伴旅人の邸宅で開かれた「梅花の宴」に参加し、詠んだ歌が『万葉集』に残っている[2]。天平19年(747年従五位下叙爵天平感宝元年(749年大宰少弐に任ぜられると、以降は外交関係の官職を歴任する。孝謙朝天平勝宝5年(753年遣新羅大使となり新羅へ渡るが、新羅で礼を失した扱いを受けたことから、任務を果たさず帰国した[3]。帰国後、天平勝宝6年(754年)に大宰少弐に再任する。

天平宝字元年(757年刑部少輔に任ぜられ京官に遷るが、まもなく遣渤海大使に任ぜられる。天平宝字2年(758年)2月には遣渤海大使となった田守のために藤原仲麻呂邸で宴席が開かれ、そこで大伴家持が詠んだ歌が『万葉集』に残っている[4]。その後、渤海に渡り、9月に渤海大使・揚承慶らを随行して帰国する[5]。なお、帰国後に当時で発生していた安史の乱の状況について朝廷に報告した。淳仁天皇はこの報告に基づき、大宰府(大宰帥・船王、大宰大弐・吉備真備)に命じて安禄山の来寇に対する備えを命じた[6]。なお同年遣渤海大使の功労により従五位上に叙せられている。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 宝賀[1986: 276]
  2. ^ 『万葉集』巻5-846番
  3. ^ 続日本紀』天平宝字4年9月16日条
  4. ^ 『万葉集』巻20-4514番
  5. ^ 『続日本紀』天平宝字2年9月18日条
  6. ^ 『続日本紀』天平宝字2年12月10日条
  7. ^ 『万葉集』巻20-4514番

参考文献編集