メインメニューを開く

小野 綱手(おの の つなて)は、奈良時代貴族歌人皇后宮大夫小野牛養の子。官位従五位下上野守

 
小野綱手
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下上野守
主君 聖武天皇
氏族 小野氏
父母 父:小野牛養
当澄
テンプレートを表示

目次

経歴編集

天平12年(740年従五位下に叙せられ、天平15年(743年内蔵頭に任ぜられる。天平18年(746年)上野守となり地方官に遷り、翌日従五位下に叙爵している、その後の消息は不明。

また『万葉集』によれば、同じ天平18年に元正天皇の雪の宴に参じ、綱手は藤原豊成巨勢奈弖麻呂大伴牛養ら17名と共に歌を作り天皇に上奏したが、手落ちがあり記録されず、漏失してしまったという[1]

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

  • 父:小野牛養
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:小野当澄

脚注編集

  1. ^ 『万葉集』巻17註

参考文献編集