メインメニューを開く

小野 耕世(おの こうせい、1939年11月28日 - )は、日本の映画評論家漫画評論家、海外コミック翻訳家、海外コミック・アニメーション研究家。アメリカンコミックス紹介で、KOSEIというペンネームを使っていたことがある。

日本における海外コミックの翻訳出版および研究、紹介の第一人者。元NHK職員。国士舘大学21世紀アジア学部客員教授。日本マンガ学会理事をへて3代目会長。

父は漫画家の小野佐世男。熱気球パイロットのライセンスを持っており、日本気球連盟会員[1]

目次

人物・経歴編集

東京市世田谷区代田に生まれるが、自宅が空襲にあい、埼玉県指扇(さしおうぎ)の母方の親戚宅に疎開する。戦中にインドネシアに渡っていた父の小野佐世男が1946年5月末に帰国し、世田谷・北沢の父の姉の家に家族で転居する。1年後に世田谷代田に転居し、小学3年生の途中で成城学園初等科に転校する。手塚治虫アメコミと映画に熱中して育つ。1954年、父が急死する。

成城学園初等学校成城学園中学校卒業。東京学芸大学附属高校に入学したが、1学期で東京都立新宿高等学校に編入して、同校を卒業。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。のちの考古学者・小山修三は大学時代の親友[2]

NHKに入局。在職中『SFマガジン』に「SFコミックスの世界」を連載するなど、海外の漫画の紹介に力を注いだ。

1973年、同じくNHKのディレクターだった龍村仁(現ドキュメンタリー監督)と共にATG矢沢永吉などが所属していたバンドキャロルのドキュメンタリー映画『キャロル』を制作(小野は脚本を担当した)。結果、龍村と共にNHKを解雇され、解雇を無効として裁判まで行った。

以後、映画評論、漫画研究で活躍することとなった。海外コミック研究では、ヒーロー物の「アメコミ」から、ロバート・クラムのようなアンダーグラウンド・コミックス、アート・スピーゲルマンのようなグラフィック・ノベル、ヨーロッパのアート系コミックス、他にアジア諸国のマンガまで、幅広くカバーする。また、それから派生したアニメーションについても研究している。

他に、多くの海外コミック作品の翻訳を行っており、また頻繁に海外を訪れ、海外のコミック作家たちと交流している。

長年の海外コミックの日本への翻訳出版、紹介と評論活動が認められ、第10回手塚治虫文化賞特別賞を受賞している。

一方で、日本SFの創世期からSF小説の創作活動も行っており、1961年の第1回空想科学小説コンテストで奨励賞を受賞している。SF同人誌「宇宙塵」にも参加した。SF小説集である『銀河連邦のクリスマス』も刊行している。日本SF作家クラブ会員だったが、2013年、他のベテランSF作家らとともに名誉会員になった[3]

著書編集

  • バットマンになりたい ― 小野耕世のコミックス世界』晶文社 1974年
  • 『ぼくの映画オモチャ箱』晶文社 1976年
  • 『銀河連邦のクリスマス』晶文社 1978年
  • スーパーマンが飛ぶ』晶文社 1979年
  • 『アイスクリーム戦争』TBSブリタニカ 1981年
  • 『地球儀に乗ったネコ ― 耕世のコミックスワールド』冬樹社 1982年
  • ドナルド・ダックの世界像 ― ディズニーにみるアメリカの夢』中公新書 1983年
  • 『いまアジアが面白い ― マンガ・映画・アニメーション』晶文社 1983年
  • 『マンガがバイブル』新潮社 1984年
  • 『シネランドへおいでよ』講談社 1985年
  • 『中国のアニメーション ― 中国美術電影発展史』平凡社 1987年
  • 手塚治虫 ― マンガの宇宙へ旅立つ』ブロンズ新社 1989年
  • 『アジアのマンガ』大修館書店 1993年
  • 『日本名作漫画館解説 SF編 2』名著刊行会 1997年
  • 『アメリカン・コミックス大全』晶文社 2005年
  • 『世界のアニメーション作家たち』人文書院 2006年
  • 『世界コミックスの想像力 グラフィック・ノヴェルの冒険』青土社 2011年
  • 『長編マンガの先駆者たち 田河水泡から手塚治虫まで』岩波書店 2017年

共編著編集

  • 『SF探検』(前田真一中子真治共著)学習研究社 1978年
  • 『SFと宇宙』(大林辰蔵共著)福武書店 1983年
  • 『別冊本とコンピュータ6 アメリカンコミックス最前線』(小田切博共編)トランスアート 2003年
  • 『「ガロ」という時代 : 創刊50周年記念』(青林堂編 共著)青林堂 2014年

海外コミックスの翻訳編集

その他の翻訳編集

参考文献編集

  • 『世界大百科年鑑 1977』 平凡社、1977年、81頁。

脚注編集

外部リンク編集