小野英昭

日本の男性声優

小野 英昭(おの ひであき、1962年8月31日[1] - )は、日本の元男性声優東京都出身。所属は江崎プロダクション[2]フリー

おの ひであき
小野 英昭
プロフィール
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
生年月日 (1962-08-31) 1962年8月31日(60歳)
所属 フリー
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

概要編集

2000年頃に引退しており、『サクラ大戦』シリーズの白銀の羅刹は新規のセリフが必要となった『サクラ大戦TV』及び『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』では江川央生が引き継ぎ、『パチスロサクラ大戦〜熱き血潮に〜』では収録済の音源を流用した。

エピソード編集

高校時代に手塚プロでアシスタントのアルバイトをしていた関係で、坂口尚と親交があった。その坂口の紹介で宮崎駿と出会う。その当時劇団の旗揚げを目指していて、宮崎に何かいい劇団名はないかと聞いたところ「スタジオジブリ」をやると言われたというエピソードがある。宮崎は『風の谷のナウシカ』で映画製作に嫌気がさしていて、スタジオジブリを解散するつもりだったが、資金回収のために『天空の城ラピュタ』を製作せざるをえなくなり、ジブリは継続することになった。「スタジオジブリ」の名で劇団を旗揚げしたものの、宮崎の「ジブリ」とかぶることになり大変困ったと語っている。

ザ・ロック』でゲイの美容師の吹替を担当した際、吹替をする俳優の演技を汲まずに過剰なオカマ演技でアフレコ、小野の演技を見た共演者の若山弦蔵から「いかにも「あたしはオカマよ」みたいにやる必要はない」と酷評された[3]

出演編集

吹き替え編集

映画・ドラマ編集

アニメ編集

テレビアニメ編集

1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年

劇場アニメ編集

OVA編集

1993年
1994年
1995年
1996年

ゲーム編集

ドラマCD編集

CM編集

舞台編集

  • シンデレラたち(1985年、本多劇場 演出:吉岩正晴)
  • 暗闇のシンデレラ(1986年、駒場アゴラ劇場 作・演出:坂口龍之介〈小野英昭〉)
  • 明日そこに花を挿そうよ(1988年、シアターグリーン 作・演出:坂口龍之介〈小野英昭〉)
  • マリリン(1989年、銀座みゆき館 作・演出:坂口龍之介〈小野英昭〉)
  • 山田家の憂鬱(1989年、千本桜ホール 作・演出:坂口龍之介〈小野英昭〉)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小野英昭の解説”. goo人名事典. 2022年1月13日閲覧。
  2. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、74頁。ISBN 4-87376-160-3 
  3. ^ 007 TV放送吹替初収録特別版DVD-BOX【第一期】若山弦蔵インタビューより。なお、若山は別録りで完成作品を見てのコメントだった。

外部リンク編集