メインメニューを開く

小金原団地(こがねはらだんち)は、千葉県松戸市小金原に存在する大規模住宅団地日本のニュータウンの一つである[1]。事業主体は日本住宅公団(現在の都市再生機構)、分譲部分(6-7街区、6-9街区、7-1街区)[2][3]と賃貸部分(UR賃貸住宅、3-18街区および6-13街区)[4]に大別される。当初の計画戸数10,000戸、計画人口40,000人。実際は2,778戸である[2][3][4]

略歴編集

概要編集

 
団地に隣接する「小金原バス案内所」(小金原6-3)。

松戸市北東部に位置する小金原地域(面積約320ヘクタール、人口約3.1万人)の中核をなす[1]。日本住宅公団による造成以前は、八ヶ崎根木内栗ヶ沢と称される農地および山林であった[1]。団地の街区・番号はそれぞれ「丁目-番地-小番(棟数字)」を表す。例えば3-18街区は「小金原3丁目18番地」であるが、1971年(昭和46年)に松戸市が町名変更を行なう以前、1969年(昭和44年)の段階では、正式には旧町名(大字殿内、大字久保平賀など)であった。小金原地域は1丁目から9丁目まであるが、小金原団地は6丁目に集中している。

最寄駅は常磐線北小金駅松戸新京成バス小金原団地線の各停留所が住宅団地に隣接しており[4]、同様に新京成線八柱駅武蔵野線新八柱駅とも松戸新京成バス小金原団地線で接続されている[5]。常磐線馬橋駅、および新京成線常盤平駅からの系統は同団地の入居開始当初の1969年(昭和44年)5月15日に開業したが、いずれも2006年(平成18年)3月16日に廃止された。

分譲部分の総戸数は6-7街区420戸、6-9街区410戸、7-1街区490戸、間取りは6-7街区が3DKと3LDKの2種、6-9街区および7-1街区が2LDKと3DKの2種がそれぞれある[2][3]。賃貸部分の総戸数は1,458戸、2DK(654戸)と3K(804戸)の2種の間取りがあり、2012年(平成24年)現在の共益費月額は2,060円である[4]。すべて鉄筋コンクリート5階建て、エレベーターなしである[2][3][4]

現在、常盤平団地と同様、建物の老朽化が問題となり、建替も提案されているが、入居者の高齢化によって実現は難しい情勢である。また、建築当初はだったため、団地の敷地内は坂が多い。

周辺施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 松戸市都市計画マスタープラン松戸市、2012年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 小金原団地6-9・7-1東日本住宅、2012年3月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 小金原団地6-7、東日本住宅、2012年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e 小金原UR賃貸住宅、2012年3月24日閲覧。
  5. ^ 松戸新京成バス松戸新京成バス、2012年3月24日閲覧。
  6. ^ 大清水湧水、松戸市、2012年3月24日閲覧。
  7. ^ 雇用促進住宅栗ヶ沢宿舎雇用促進住宅、2012年8月24日閲覧。

参考文献編集

  • 『首都圈の地価相場 24年間の足どり』、住宅新報社、1984年

関連項目編集

外部リンク編集