小関 尚紀(こせき なおき - )は日本の作家。早稲田大学大学院出身[1]筑波大学大学院博士後期中退[2]、早稲田大学経営学修士修了[2]

来歴・人物編集

大阪府八尾市出身、1989年平成元年)金光八尾高等学校卒業[3]1991年アメリカ西海岸、翌年エジプトモロッコスペインフランスへと初めての海外一人旅を経験し、旅に目覚める。イランパキスタンシリアヨルダンレバノンイスラエルイエメン等の中東地域、ラオスカンボジア、南インドスリランカウズベキスタン等のアジア地域を中心に35ヵ国以上の国をバックパッカーとして、旅に出続ける。尚、途中から地図上の国と国を繋げての旅を意識しだす。

2009年平成21年)12月、『新人マーケター乙女侍奮闘記』で、作家としてデビューする[1]

著書編集

  • 『奇想天外なマーケティング授業』Gilbut Publishing Co., Ltd.『新人マーケター乙女侍奮闘記』韓国語版(2011年8月)
  • 『ダメ営業マンのボクが企業参謀に変わるまで』(2010年7月、東洋経済新報社)
  • 『だから僕らは旅に出る』100人100旅プロジェクト共著(2010年6月、ユーフォーブックス)
  • 『新人マーケター乙女侍奮闘記』(2009年12月、東洋経済新報社)
  • 電子書籍籍版『ダメ営業マンのボクが企業参謀に変わるまで』
  • 電子書籍版『新人マーケター乙女侍奮闘記』

論文編集

  • 『キャラクター選好プロセスモデルの探索的研究 』2003年早稲田大学

脚注編集

  1. ^ a b リーマン作家@プレミアムクラスのバックパッカー プロフィール
  2. ^ a b 小関尚紀 (@otomesamurai) - Twitter
  3. ^ 小関 尚紀 | Facebook

外部リンク編集