小頭症(しょうとうしょう、英語:Microcephaly)は、が小さく不完全に発達したために、頭が異常なほど小さい状態になる病気。同年齢者の標準より頭囲が2倍以上小さい場合のことで脳の発育遅延などの原因となる。

小頭症の図式
(左) 正常な人の脳 (右) 小頭症の人の脳

概要編集

この病気に罹る人はかなり稀であり、アメリカの場合、出生児10,000人当たり2~12人の割合でしか症例がないとの報告もある。遺伝子異常や、感染症、栄養不足、代謝の疾患や異常、脳の異常など、様々な病態・原因がある。近年では、ジカウイルスも小頭症の原因ではないかとされていた。

新生児は、重度の小頭症になると、脳が損傷することが多い。小頭症の治療法としては、対症療法などがなされることがあるが、病気そのものが一生涯続くものであることもあり、現在のところ確たる治療法は存在せず、また完治の治療法も無いに等しい[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小頭症 - Stephen J. Falchek , MD, Nemours/Alfred I. duPont Hospital for Children