メインメニューを開く

小高区(おだかく)は、福島県南相馬市地域自治区の一つ。相馬野馬追で知られている。

小高区
おだか
日章旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
自治体 南相馬市
旧自治体 小高町
面積
91.95km²
世帯数
2,959世帯
総人口
8,658
推計人口、2017年11月30日現在)
人口密度
94.16人/km²
隣接地区 市内:原町区
市外:双葉郡浪江町
南相馬市役所小高区役所
北緯37度33分55.4秒 東経140度59分30.4秒 / 北緯37.565389度 東経140.991778度 / 37.565389; 140.991778座標: 北緯37度33分55.4秒 東経140度59分30.4秒 / 北緯37.565389度 東経140.991778度 / 37.565389; 140.991778
所在地 〒979-2195
福島県南相馬市小高区本町2-78
リンク 小高区役所公式ページ
小高区の位置(福島県内)
小高区
小高区
テンプレートを表示

目次

概要編集

2006年の南相馬市発足に伴い、地域自治区として小高区が旧小高町の町域に設置された。一部を除いて住所表示は市名に続けて区の名称を付されており、例えば小高区役所(旧・小高町役場)が置かれている「小高町本町2-78」は「南相馬市小高区本町2-78」と表記される。

福島第一原子力発電所事故の影響により当区全域に避難指示などが出されていたが、2016年7月12日に帰還困難区域(1世帯のみ)を除いて解除された[1]

東邦銀行福島銀行あぶくま信用金庫相双五城信用組合がシンジケートローンを組み、損保ジャパン日本興亜第一生命福島銀行が出資する出力8.6MWの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画が進行している[2]

区域編集

  • 小高地区 旧小高町。小高区中部。
  • 金房地区 旧金房村。小高区西部。
  • 福浦地区 旧福浦村。小高区東部。

歴史編集

 
東北地方太平洋沖地震に伴って発生した津波に呑まれて壊滅した南相馬市街。2011年4月16日撮影。

教育編集

高等学校

中学校

小学校

  • 南相馬市立小高小学校
  • 南相馬市立金房小学校
  • 南相馬市立鳩原小学校
  • 南相馬市立福浦小学校

小中学校は福島第1原発事故に伴い、鹿島区に仮設移転していたが[7]、2017年4月1日より再開された[8]

史跡編集

祭事・観光名所編集

神社編集

  • 小高神社 小高城址にある。
  • 日鷲神社
  • 益多嶺神社(甲子大国社)
  • 蛯沢稲荷神社

施設編集

 
小高交流センター(2019年1月)
  • 浮舟文化会館(小高生涯学習センター):小高図書館、埴谷・島尾記念文学資料館を併設。
  • 小高郵便局(集配局)
  • 南相馬市小高保健福祉センター
  • 小高交流センター

金融機関編集

福島第一原子力発電所事故の影響により、金融機関の営業休止状態が続いてきたが、2016年4月現在、昼間の立ち入りが可能であるため東邦銀行を除いて営業を再開している[9]

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

バス路線編集

  • 福島交通
  • 新常磐交通
    • 東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故の影響により福島交通及び新常磐交通の小高区域での運行は一部休止中。
  • この他、仮設住宅への巡回バスが運行されている[10]

その他編集

  • 相馬野馬追 - 野馬懸、火の祭
  • 大悲山の石仏 - 「薬師堂石仏(附:阿弥陀堂石仏)」「観音堂石仏」の名称で国の史跡に指定。
  • 小高城址(相馬小高神社)
  • 小高村上海水浴場
  • ラーメン…小高町のラーメンは全国的にはあまり知られていないが、震災前は昼を中心に大勢のラーメンファンが訪れていた。
    • 双葉食堂 (震災後、同地で営業)
    • 山川食堂 (閉業)
    • 亀井食堂 (閉業)
    • まんてん食堂 (閉業)
    • 丸幸食堂 (閉業)
  • フルハウス 柳美里氏による書店。劇場La MaMa ODAKAを併設。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 4月内の解除方針撤回 経産副大臣、南相馬の避難指示福島民友 2016年4月19日
  2. ^ 福島県の4金融機関が29億円融資、南相馬市の出力8.6MWのメガソーラー日経BP 2015年12月7日
  3. ^ 同年3月27日、総理府告示第219号「町村の廃置分合」
  4. ^ 2005年(平成17年)8月8日、総務省告示第852号「市町の廃置分合」
  5. ^ 震度データベース検索”. (公式ウェブサイト). 気象庁 (2011年3月11日). 2011年4月16日閲覧。
  6. ^ <避難区域>南相馬の生活圏除染作業を完了河北新報 2016年4月1日
  7. ^ <入学式>避難先で一歩 福島再生担う笑顔河北新報 2016年4月7日
  8. ^ 学校再開 まちに活気 避難指示解除の小高区福島民報 2017年4月1日
  9. ^ <原発事故>避難区域 金融機関の再開加速河北新報 2016年4月20日
  10. ^ 福島)南相馬市バスマップ、福大生が制作 高齢者に配慮朝日新聞 2016年4月22日

外部リンク編集