小鶴祇園祭(こづるぎおんさい)は、毎年7月に茨城県東茨城郡茨城町小鶴地内で行われる祇園祭である。

概要編集

小鶴諏訪神社の境内にある八坂神社の祭礼で、明治時代に疫病が蔓延したことから、諏訪神社の境内に八坂神社を建立し、無病息災を祈願したのが始まりといわれている[1]
その後、大正期に一度は廃れかけたものの、当時の青年有志が再建し、1980年代頃からは賑わいを見せるようになって現在に至る[2]

1日目の宵祇園では、神社を出た神輿が御仮屋に到着した後、当番人は翌朝まで御仮屋で寝ずの番をし、2日目の本祇園では地域や小鶴商店街(県道16号線)で渡御が行われ、子供神輿や山車も一緒に練り歩く。
日程は2003年までは毎年曜日を問わず7月20日7月21日に行われてきたが、2004年からは7月の第3土日前後(海の日がある3連休の土日)の開催となっている。
祇園祭当日は2日間とも、小鶴商店街の一部が18~22時の間は歩行者天国となる[3]

日程編集

  • 1日目(宵祇園)
18:00 宮出し→神輿・山車渡御→22:00御仮屋到着
  • 2日目(本祇園)
13:00 御仮屋出発→神輿・山車地域渡御→18:00神輿・山車渡御→19:30~21:30ステージイベント→21:45宮入り→22:00終了
  • 地域渡御は小鶴地内の各町内(宮本町(下宿)、中宿、上宿、西町、南町、新地、バッケ)を回る。
  • 昭和時代中期までは、神輿・山車地域渡御は本祇園の深夜に行い、翌日、涸沼川でお浜入りを行ってから宮入りをしていた[4]

アクセス編集

備考編集

  • 1996年2001年までは1日目に「小鶴よさこい祭り」というイベントがあった。
  • 2011年は祭りの4ヶ月前に発生した東日本大震災の影響で、神輿・山車の渡御が中止。諏訪神社境内で神事のみ行った。なお、ステージイベントは翌2012年正月に代替開催を行った。
  • ステージイベントは現在はものまね歌謡ショー→ビンゴゲーム大会→カラオケ大会の流れとなっている[5]。なお、カラオケ大会は事前に申し込みをすればどなたでも参加できる。

関連項目編集

  • 祇園祭
  • いばらきまつり - 夏の部中止以前は当祭の神輿・山車も本祭に参加していた。また、「2012いばらきまつり」では、当祭のお囃子がステージイベントに参加している[6]
  • 水戸黄門まつり - 毎年、当祭の神輿も参加している。

脚注編集

  1. ^ ぬかが福志郎の活動報告 2012/07/15
  2. ^ 「茨城町史 地誌編」
  3. ^ 当祭のPRポスターより
  4. ^ 『小鶴まちかどギャラリー』2002年開催の『小鶴祇園祭の歴史』で、1954年の神輿お浜入りの写真展示
  5. ^ 【茨城町】小鶴祇園祭協賛イベント
  6. ^ 広報いばらきお知らせ版No.837 平成24年10月15日発行