メインメニューを開く

小鹿 範満(おしか のりみつ)は、室町時代後期の武将小鹿範頼(のりより)の子。

 
小鹿範満
時代 室町時代後期
生誕 不詳
死没 長享元年11月9日1487年11月24日
別名 新五郎(通称)
幕府 室町幕府
氏族 今川氏小鹿氏
父母 父:小鹿範頼、母:上杉政憲の娘
兄弟 範満範慶
テンプレートを表示

生涯編集

今川氏の庶家にあたる小鹿範頼の子。なお、母を堀越公方の執事・上杉政憲関東管領上杉氏の一族)の娘とする説があるが、これは範頼の母(=範満の祖母)が(扇谷)上杉持定の姉妹であったものが誤解されて広まった俗説で、当時の史料に範満の母についての記録はない(持定も政憲も同じ「治部少輔」を名乗っていた)[1]。『今川記』は範満を「武勇に優れたり」と評している。

父の範頼幼名は千代秋丸)は第4代当主・今川範政の子にあたり、範政は千代秋丸の家督継承を望んだが、兄の範忠と家督争いの末に、室町幕府の裁定によって範忠が家督と決まった。そのため、範頼は駿府静岡市)郊外の小鹿を領していたことから小鹿姓を称した。

文明8年(1476年)に従兄の今川家第6代当主・今川義忠が戦死し、義忠の嫡男である龍王丸(後の今川氏親)が幼少だったことから、譜代家臣の多くが範満の家督継承を支持し、龍王丸とその母の北川殿(幕臣・伊勢盛定の娘、伊勢盛時(北条早雲)の姉)は小川郷(現在の焼津市小川)の長谷川政宣(法永長者)の館へ逃れた。範満支持派と龍王丸派が数度の合戦に及ぶ内乱状態となった。この内乱に堀越公方足利政知が介入して上杉政憲に兵を率いさせて駿河国へ派遣。関東管領上杉氏も扇谷上杉家家宰太田道灌を派遣した。政憲と道灌は範満を支持していた。

関東管領の力が駿河に及ぶことを警戒した幕府は、龍王丸の叔父の伊勢盛時を派遣し、両派を仲介して龍王丸が成人するまで範満が家督を代行することで和談を成立させ、政憲と道灌を撤兵させた。範満は駿河館に入り、龍王丸は法水長者の館に身を寄せた。なお、盛時は龍王丸の将来の家督継承を確認するため前将軍足利義政の御内書を得ている。範満の家督代行の実態についてはよく分かっておらず、範満の活動としては、伊東祐遠の忠節を賞した書状が2通残っている。

ところが、龍王丸が15歳になり成人しても範満は家督を返そうとはしなかったため、長享元年(1487年)に龍王丸の母・北川殿は京都で9代将軍・足利義尚に仕えていた盛時に助けを要請。盛時は再び駿河に下り同志を集め、同年11月に駿河館を襲撃し、範満は防戦するが敵わず自害した。範満の甥である孫五郎も共に自害して小鹿氏は断絶の危機を迎えたが、元服して氏親と名乗った龍王丸は孫五郎の庶弟とみられる民部少輔(後に安房守)を取り立てて今川氏御一家の筆頭に据えることで、旧範満派の取り込みを図っている[2]

なお、家永遵嗣学習院大学助教授)は、範満の家督継承は前当主である今川義忠の死が幕府への反逆行為とみなされる行為の結果によるもので龍王丸も追討される可能性があったこと(盛時の下向も幕府が反逆者の家族となった龍王丸を保護する目的があったとされる)[3]と太田道灌の支持によって成立していたが、文明18年(1486年)に道灌が暗殺されたため、後ろ盾を失った範満の権力基盤は弱体化し、その情勢を踏まえて盛時は駿河国人衆の支持を取り付けて龍王丸の家督継承を成功させたと論考している[4]

脚注編集

  1. ^ 黒田基樹「今川氏親の新研究」『シリーズ・中世関東武士の研究 第二六巻 今川氏親』(戎光祥出版、2019年4月) ISBN 978-4-86403-318-3 P13.
  2. ^ 黒田基樹「今川氏親の新研究」『シリーズ・中世関東武士の研究 第二六巻 今川氏親』(戎光祥出版、2019年4月) ISBN 978-4-86403-318-3 P22-25.
  3. ^ 家永遵嗣「伊勢宗瑞(北条早雲)の出自について」(初出:『成蹊大学短期大学部紀要』29号(1998年)/所収:黒田基樹 編『シリーズ・中世関東武士の研究 第一〇巻 伊勢宗瑞』(戒光祥出版、2013年)ISBN 978-4-86403-071-7
  4. ^ 家永遵嗣「初代 北条早雲」『戦国の魁早雲と北条一族―北条五代百年の興亡の軌跡』新人物往来社、2005年、46-47頁。ISBN 4404033168