メインメニューを開く

少商穴(しょうしょうけつ)は、手の太陰肺経に所属する第11番目の経穴(つぼ)の一つ。同経の井木穴である。

目次

部位編集

母指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取穴する。

名前の由来編集

少は少ないまたは陰、商は五音の一つ、商音で肺を示し、肺気が止まったり肺気が生まれる場所という意味から名づけられた。

効能編集

咽痺、咳嗽、気喘、重舌、鼻血、心下満、中風昏迷、てんかん、中暑嘔吐、熱病、小児のひきつけ、指腕攣急などに多く使われる。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集