メインメニューを開く

少女コマンドーIZUMI』(しょうじょコマンドーいづみ)は、1987年11月5日より1988年2月18日まで毎週木曜日19:30 - 20:00に、フジテレビ系列で放送されていた日本のテレビドラマ東映制作。主演は五十嵐いづみ

少女コマンドーIZUMI
ジャンル テレビドラマ
企画 前田和也(CX)
中曽根千治(東映)
脚本 我妻正義
武上純希
監督 大井利夫
前嶋守男
出演者 五十嵐いづみ
土田由美
桂川昌美
湯江健幸
渡辺裕之
地井武男
エンディング A-JARI「JUST FOR LOVE」
プロデューサー 石原隆(CX)
手塚治(東映)
制作 フジテレビ
東映
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年11月5日 - 1988年2月18日
放送時間 木曜日19:30 - 20:00
放送枠 フジテレビ木曜7時30分枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 15
テンプレートを表示

目次

概要編集

フジテレビの超人気ドラマだった『スケバン刑事』シリーズの後番組としてスタートしたが、前作ほどの人気は得られず[1]、放送開始から4か月で打ち切りとなった(物語は完結させている)。
番組終了の2ヶ月後、本ドラマを制作した東映とフジテレビは『花のあすか組』で女学生主人公の特撮ドラマを復活させたが、編成方針の変更で月曜日のローカルセールス枠に放送時間が変更された。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画と同名の『コマンドー』を冠したタイトルに加えて、オープニングでは主人公が対戦車ロケットランチャーM72 LAW)を撃つシーン(第一話の流用)が使われ、予告編では構えるカットが使用されていた(ドラマ中、使用したのは第1話と最終回のみで、実際にはサバイバルソーという手錠のような形のワイヤーソウ(携帯式ワイヤーノコギリ)を格闘やトラップの回避に使用した)。

地上波での再放送は石川テレビ北海道文化放送で行われたことがあるが、関東地区や関西地区では未だに行われていない。その後、2007年3月にDVDが発売された。

ストーリー編集

身に覚えのない殺人の罪を着せられた女子高生・五条いづみは警官から逃走中、海に転落し行方不明となる。しかし、謎の集団がいづみを救出し、その肉体を改造して殺人兵器となるための訓練を彼女に受けさせる。3年後、いづみは脱走を図り、組織の機密事項であったいづみを抹殺する指令が下る。組織の刺客に追い詰められ極限に達したその時、頭の中に謎の声が響く……「バイオフィードバック! 戦う意思が、お前の身体を最終兵器に変える!」それとともにいづみの身体は常人を遥かに超えたパワーとスピードで刺客を倒してしまった。自分の身体の秘密に戸惑いながらも、その能力と訓練中に身に着けた技能で組織に立ち向かっていくのだった。

オマージュ編集

五条いづみが戦うシーンに『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』、監禁シーンには『女囚さそり』、青春群像的要素には『野良猫ロック』、脚本家の我妻正義が好んでいた『特捜刑事マイアミ・バイス』、当時、若者に絶大な人気のあった漫画『力王』など、前作『スケバン刑事』と比較して、海外映画や劇画・漫画などの他作品へのオマージュ的な要素が多数ちりばめられている。

キャスト編集

ゲスト編集

スタッフ編集

  • 企画 - 前田和也(フジテレビ)、中曽根千治(東映)
  • 脚本 - 我妻正義武上純希神戸一彦柿崎明彦
  • 音楽 - A-JARI
  • 撮影 - 林迪雄、村上俊郎
  • 照明 - 大須賀国男、上原福松、関口弥太郎
  • 美術 - 野尻均、安井丸男
  • 録音 - 岡田忠直
  • 編集 - 只野信也
  • 記録 - 佐々木禮子、石川和枝、森美禮、高橋久美子
  • 助監督 - 武田秀雄
  • 選曲 - 秋本彰、新井明美
  • 整音 - 西田忠昭、川島一郎
  • 効果 - 原田サウンド
  • 装置 - 脇田紀三郎
  • 計測 - 臼木敏博
  • 装飾 - 装美社
  • 火薬担当 - 橋本俊雄
  • 衣裳 - 東京衣裳
  • 美粧 - 木村美智代、佐藤泰子(サンメイク)
  • アクションクリエーター - 上田弘司(大野剣友会アクションスタジオ)
  • 協力 - オリエント時計株式会社、東京コアラトム、合同酒精牛久シャトー、バルハラデン、モデルガンMGC
  • 広報 - 重岡由美子(フジテレビ)
  • 進行主任 - 井口喜一
  • 制作担当 - 田辺史子
  • 現像 - 東映化学
  • ナレーター - 睦五郎(第6話 - )
  • プロデューサー - 石原隆(フジテレビ)、手塚治(東映)
  • 監督 - 大井利夫前嶋守男

主題歌編集

  • A-JARI「JUST FOR LOVE」(第1話 - 第10話)
  • 五十嵐いづみ「素直になれなくて」(第11話 - 最終話)
A-JARIは音楽も担当し、『A・JARI FACTORY VOL.1 FOR SHOJYO COMMANDO "IZUMI"』(1988年、東芝EMI)としてアルバムがリリースされている。第9話では本人役で出演した。A-JARIは『スケバン刑事』の模倣作品『セーラー服反逆同盟』の主題歌Shadow of Loveも担当し、その曲は本作第1話で挿入歌として使用された。Shadow of Love以外にも何曲か挿入歌として使われていた。

挿入歌編集

  • 五十嵐いづみ「エスケイプ!」
  • 五十嵐いづみ「スカイバレー」
  • 五十嵐いづみ「未完成」
  • 五十嵐いづみ「さよならの迷路」
  • 五十嵐いづみ「あなたを見ていたい」

なお、「エスケイプ!」は一時期(第3話〜第4話)は「エスケープ!」とEDのクレジットに表記されていた。

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 1987年11月05日 最終兵器、脱出 我妻正義 大井利夫 9.0%
第2話 11月12日 戦闘能力、全開 武上純希 7.3%
第3話 11月19日 三人のターミネーター 前嶋守男 7.9%
第4話 11月26日 おかしな2人、潜入 我妻正義 6.6%
第5話 12月03日 あぶない2人、反撃 大井利夫 6.0%
第6話 12月10日 伝説の悪! サソリ 武上純希 8.4%
第7話 12月17日 戦う教室! 我妻正義 前嶋守男 8.9%
第8話 12月24日 聖夜 武上純希 5.8%
第9話 1988年01月07日 コンサートをねらえ! 大井利夫 8.0%
第10話 1月14日 花を売る女戦士 神戸一彦 9.3%
第11話 1月21日 明かされた秘密! 我妻正義
神戸一彦
前嶋守男 6.3%
第12話 1月28日 恐怖のパーティ 柿崎明彦 6.0%
第13話 2月04日 最後の戦い 我妻正義
武上純希
7.1%
第14話 2月11日 生きていた敵! 我妻正義
神戸一彦
大井利夫 3.6%
最終話 2月18日 セーラー服戦士の伝説 我妻正義 6.6%
平均視聴率 7.12%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

放送局編集

その他編集

  • 番組エンディングでの五条いづみの台詞は「あなたがターゲット、バーン!」だった。また、『スケバン刑事』シリーズでは、次回予告の最後に流れていたのに対し、本作ではスポンサー読み終了後に流れていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「BonusColumn セーラー服戦士たちと、少女アクション路線」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、182頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ a b c 『北國新聞』1987年11月5日付朝刊、テレビ欄。
フジテレビ系列 木曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇
(1986.10.30 - 1987.10.29)
少女コマンドーIZUMI
(1987.11.5 - 1988.2.18)