少女ブック

日本の少女向け雑誌

少女ブック』(しょうじょブック)は、かつて集英社が発行した少女を対象とした雑誌1951年9月創刊、1963年5月終刊。後継誌として週刊誌マーガレット』に引き継がれた。

少女ブック
ジャンル 芸能・グラビア・漫画・読み物
読者対象 少女
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 集英社
刊行期間 1951年9月 - 1963年5月
姉妹誌 りぼん
テンプレートを表示

掲載内容は、芸能・グラビア・漫画・読み物など。付録も付いていた。全165冊。[1]

略歴編集

  • 1951年 少女向け月刊誌として9月号創刊。はじめてのB5判少女雑誌だった。
  • 1955年 妹雑誌として、より対象年齢の幼い総合月刊誌『りぼん』が創刊。
  • 1963年5月号で終刊となり、後継誌の週刊誌『マーガレット』が新創刊された。『少女ブック』編集部がそのまま引き継ぎ、連載の一部もそまま引き継がれた。[2]

主な掲載漫画編集

脚注編集

  1. ^ 大阪児童文学館編『日本児童文学大事典』第2巻、大日本図書、1993年10月、565頁
  2. ^ 『少女ブック』1963年5月号編集後記「少女ブックの愛読者のみなさま、13年ものながいあいだ少女ブックをかわいがってくださって、ありがとうございました。みなさまといっしょに、よろこび、たのしんでまいりました少女ブックは、新しい少女週刊誌「マーガレット」として、うまれかわることになりました。みなさま、ようきでおしゃれな「マーガレット」を、少女ブックにまけずに、いつまでもかわいがってくださいね! ―少女ブック編集部一同」他参照。『マーガレット』を無料配布する告知もされている。ただし、配布者は少女に限る。
  3. ^ ミミとナナのすてきなお知らせ!「こんど少女ブックは少女週刊誌マーガレットになります…でもミミとナナはいままで通りずっとつづきます。今までは一月に一度でしたけど、こんどからは毎週あなたたちにおあいできるわけね。

外部リンク編集