少女 (雑誌)

日本の少女向け雑誌

少女』(しょうじょ)は、かつて光文社から発行されていた少女向け月刊誌

概要編集

1949年2月創刊。1963年3月をもって休刊[1]

倉金章介の『あんみつ姫』が1949年5月号から1955年4月号にかけて連載。当時の人気少女タレント松島トモ子が表紙を1951年から1959年まで飾る[2]。次第に、おしゃれ手芸セット、お勉強カバン、お勉強下じき、クリスマスかざりなどの多くの付録が毎号付くようになる[1]

執筆陣編集

漫画家としては、長谷川町子手塚治虫横山光輝藤子不二雄わたなべまさこ伊東章夫望月あきらうしおそうじ岡部冬彦石森章太郎上田とし子永島慎二木村光久オオトモヨシヤスら、挿絵画家としては、蕗谷虹児、玉井徳太郎、高畠華宵蕗谷虹児江川みさおら。作家としては、西条八十島田一男橋田寿賀子吉屋信子田中澄江若杉慧八住利雄サトウハチロー木村荘十大下宇陀児梅崎春生藤沢桓夫久米正雄藤原審爾源氏鶏太船山馨大林清北條誠阿木翁助中野実らが執筆している[1]

出典編集